ニッポンよ、これが格安航空の流儀だ

ベストLCCのCEOが日本の"空"をぶった切る!

目に鮮やかなスクートの黄色い機体とウィルソンCEO(左端)ら

シンガポールと東京の空を結ぶ黄色い機体をご存知だろうか。

今からちょうど1年前、2012年10月にシンガポール航空系列の格安航空会社(LCC)が成田国際空港に就航した。その名はスクート。「さっそうと動く」という意味が込められている。

2011年5月にシンガポール航空の日本支社長だったキャンベル・ウィルソンCEOを中心に、社員5人で立ち上げられた同社。会社としての歴史はまだまだ浅いが、今年1月に開かれたLCCの国際会議では「ベストLCCオブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

成田就航1年を機に来日したウィルソンCEOに受賞の理由を尋ねると、照れ笑いを浮かべながら、こう答えた。

「ベストLCCに選んでもらえたのは、短期間で成果を挙げたからではないか。会社を立ち上げた1年後に初便を就航した。それから1年半で、路線は13都市に広がった。社員も520人まで増えた。搭乗率は80%以上。定時運航率も90%以上。今年末には200万人目のお客様が搭乗予定だ」

次ページ“LCC天国”シンガポールの現状
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。