ニッポンよ、これが格安航空の流儀だ

ベストLCCのCEOが日本の"空"をぶった切る!

目に鮮やかなスクートの黄色い機体とウィルソンCEO(左端)ら

シンガポールと東京の空を結ぶ黄色い機体をご存知だろうか。

今からちょうど1年前、2012年10月にシンガポール航空系列の格安航空会社(LCC)が成田国際空港に就航した。その名はスクート。「さっそうと動く」という意味が込められている。

2011年5月にシンガポール航空の日本支社長だったキャンベル・ウィルソンCEOを中心に、社員5人で立ち上げられた同社。会社としての歴史はまだまだ浅いが、今年1月に開かれたLCCの国際会議では「ベストLCCオブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

成田就航1年を機に来日したウィルソンCEOに受賞の理由を尋ねると、照れ笑いを浮かべながら、こう答えた。

「ベストLCCに選んでもらえたのは、短期間で成果を挙げたからではないか。会社を立ち上げた1年後に初便を就航した。それから1年半で、路線は13都市に広がった。社員も520人まで増えた。搭乗率は80%以上。定時運航率も90%以上。今年末には200万人目のお客様が搭乗予定だ」

次ページ“LCC天国”シンガポールの現状
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。