ニッポンよ、これが格安航空の流儀だ

ベストLCCのCEOが日本の"空"をぶった切る!

目に鮮やかなスクートの黄色い機体とウィルソンCEO(左端)ら

シンガポールと東京の空を結ぶ黄色い機体をご存知だろうか。

今からちょうど1年前、2012年10月にシンガポール航空系列の格安航空会社(LCC)が成田国際空港に就航した。その名はスクート。「さっそうと動く」という意味が込められている。

2011年5月にシンガポール航空の日本支社長だったキャンベル・ウィルソンCEOを中心に、社員5人で立ち上げられた同社。会社としての歴史はまだまだ浅いが、今年1月に開かれたLCCの国際会議では「ベストLCCオブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

成田就航1年を機に来日したウィルソンCEOに受賞の理由を尋ねると、照れ笑いを浮かべながら、こう答えた。

「ベストLCCに選んでもらえたのは、短期間で成果を挙げたからではないか。会社を立ち上げた1年後に初便を就航した。それから1年半で、路線は13都市に広がった。社員も520人まで増えた。搭乗率は80%以上。定時運航率も90%以上。今年末には200万人目のお客様が搭乗予定だ」

次ページ“LCC天国”シンガポールの現状
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。