「要するに」「簡潔に」を使う人に欠けている視点

それでは相手にちゃんと伝わっていない

「仮にパーフェクトを100としたら、昨日のプレゼンの自己評価は?」

数字で尋ねると相手も数字で返答する。面白いことに人間とはそういう生き物のようです。もし「90です」と答えたら、「じゃあその残り10はなに?」と尋ねてあげてください。その答えが次回までの課題ということになります。あなたが言うのではなく、相手に「残り10」の正体を言わせるのがポイントです。

人のマネジメントに「数会話」を使う発想

ご紹介したものに共通するのは、「相手の行動に直結する伝え方」になっているということです。例えば「1行で表現して」という指示。これは要するに「これ以上はそぎ落とせないと言えるほど本質だけを残せ」という指示です。それはつまり「本質が何かを深く考える」という行動に直結する伝え方。

『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

もしこれが単に「エッセンシャル思考しなさい」という伝わりにくい言葉で伝えてしまうと、はたして相手は1行で表現するまでそぎ落とすことができるか大いに疑問です。これは先ほどの「ちょっと今から外を歩きましょうか」と同じ論理です。

数会話のメリットは「伝わる」だけではありません。具体的な行動に直結することが最大のメリットです。ゆえに、私は人をマネジメントする立場の方にこそ、ぜひ意識して使ってみてほしいと思っています。

私がいうまでもなく、ビジネスは人が行動するから成果が出ます。英語で雑談ができることもすばらしいですが、数字で相手を動かすコミュニケーションができることも重要だとは思いませんか。「数会話」は「英会話」よりもずっと大切なビジネスコミュニケーションの手法なのです。だから最後に言わせてもらいます。

ビジネスでは、「数字」が最強の言葉である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。