東大カリスマ教授の「教育論+メディア論」

塩野誠×松尾豊 特別対談(下)

塩野:パーソナライズというのは、結局、人間というデバイスの感覚に頼る部分が大き過ぎてしまう。どんなに複雑なアルゴリズムが動いていようが、人間の好き嫌いが全てという怖さがあると思います。そこがアルゴリズムのチューニングのしどころでしょう。

松尾:「このニュースは何%の人が見ています」みたいな数字だけあればいい気もします。そういう数字だけ見たい人もいると思うので。

塩野:アナリストのコンセンサスみたいな。みんなこう思っています、ということを可視化するわけですね。

今、書籍が完全にランキング次第だと言うじゃないですか。「ランキング売れ」ですね。ランキングに載った本がどんどん売れていく。パーソナライズと言いつつ、コンセンサスを重視する人間の感覚というのは、なくならないのでしょうか。

松尾:そうですね。情報はそもそも人が知らないほうが有利なので、いい情報は自分だけ知っておきたい。そのことと、みんなが知っているから自分も知らなければいけないというのは、そもそも違う話なのかなと思います。どちらかというと、リスクを回避したりコミュニケーションを円滑にしたりするための情報が、みんなが知っている情報。自分にだけ届けてほしい情報というのは、ほかの人が知らなければ知らないほどいい情報ということではないでしょうか。そこがけっこうゴチャゴチャになっている気がします。パーソナライズされた情報を見ながら、みんながブックマークした情報も気になる、みたいな。

塩野:そうすると、みんなが知っておくべきニュース、つまりコミュニティの8割が知っているコンセンサスと、誰も知らないニュースを、うまくバランス取りながら出し続けるとウケるのではないでしょうか? 所属するコミュニティのマスとスーパーニッチ。そう考えると、テレビなんかはまだまだ強い。

松尾:そうですね。そして、その機能は別のプラットフォームでやったほうがいいのかもしれません。

(構成:荒川拓、撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT