東大カリスマ教授の「教育論+メディア論」

塩野誠×松尾豊 特別対談(下)

「どうなるかわからない」は、無限大のリスクだ

塩野:でもそうは言っても、先生の研究室には日本のトップの学生がいると思うのですが、そういう日本の中で才能あるとされている若者が、これ以上の伸びるためにはどうしたらいいのでしょうか?

松尾:2つくらいあると思います。ひとつは、成功体験。それが周りにどんどん増えていくことが重要だと思います。

塩野:具体的に、どれくらいの成功体験ですか?

松尾:やはり、身近な知り合いひとりが成功しているくらいではないでしょうか。たとえばネットだったら、ネットで起業してお金持ちになったという人が、ひとりはいる。「あいつにできるなら、自分にも!」っていう雰囲気を作るのが重要な気がします。

松尾豊(まつお・ゆたか)
東京大学大学院工学系研究科総合研究機構、知の構造化センター、技術経営戦略学専攻准教授。同大学院工学系研究科電子情報工学博士課程修了。博士(工学)。専門は、人工知能(推論、機械学習)、自然言語処理、社会ネットワーク分析、セマンティックウェブ、ソーシャルネットワークなど。研究室からは、キュレーションサービスGunosy開発者を輩出。

もうひとつは、学生で卒業してベンチャー起業するという選択肢が得になるようにすればいいと思います。リスクとリターンのバランスですが、人は合理的な意思決定を普通はするので、2つの選択肢があったときに、基本的にどっちが得かということを考えるわけですね。大企業に行くか、ベンチャーを作るかという選択肢があったときに、基本的にはベンチャーが得になるようにすればいいと思います。

塩野:インセンティブ設計ですね。

松尾:困るのが、親が「安定したとこに行きなさいよ」とか言うことですね。「ベンチャーなんかに行くと、この先どうなるかわかんないわよ」とか言うわけです。それってけっこう怖い脅迫で、「どうなるかわからないよ」と言うのは、リスクが無限大の幅を持っている。

リスクが無限大の幅を持っている限りにおいて、掛け算しても比較ができない。失敗してもこれくらいで収まるという範囲を定めないと、どちらかを期待値で選択するということにならないと思います。法律でよくあるのは、たとえば窃盗すると、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」みたいに、必ず上限を決めますよね。あれは非常に重要で、物を盗っただけで殺されていたらたまらない。盗った場合にはここまでで抑えるというのが、社会的合意だと思います。「どうなるかわからないよ」と無限のこと言われると、それはもう合理的な選択をするなと言っているのに等しい。

塩野:私も新卒の人向けの本とか書いている中で、この「親問題」というのは大きすぎることに気づかされました。親が「どうなるかわからない」と言っているところには、ファクトや合理性がないので。学生は可哀そうだなあと思います。特に才能がある子であればあるほど。

松尾:親を選ぶか、自分の思いを選ぶかみたいな選択を迫られてしまいますよね。

次ページこれからの大学の役割は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT