iPhone「パスワード自動生成」は驚くほど便利

「追跡型広告」を表示させない方法もある

使い回しのパスワードが使われているときは、直接ここからパスワードを変更することができる。「!」の表示されているサービスを開くと、「Webサイトのパスワードを変更」というリンクが表示される。その下には、パスワードの使い回しが安全でないことや、パスワードを使い回しているサービスの件数も書かれているため、危ないと思ったら、変更しておくといいだろう。

「Webサイトのパスワードを変更」をタップすると、該当するサイトが開く。ただし、このリンクをタップして開くのは各サービスのトップページのみ。パスワード変更の画面に直接飛べるわけではないため、実際に変更するには少々手間がかかる。

試しにここでは懐かしのmixiのパスワードを変更してみたが、「WebサイトとAppのパスワード」をタップしたあと、トップページからログインして、設定画面を開き、パスワードの変更をする必要があった。mixiの場合は比較的シンプルだったが、サービスによっては、パスワードの変更画面がより深い階層にあって、わかりにくいこともありそうだ。

このような手間をかけないためにも、パスワードを使い回すのはやめておいたほうがいい。先に紹介したパスワードの自動生成機能を使うなどして、突破されにくい強力なパスワードを、サービスごとに設定しておくようにしたい。

3.煩わしい「追跡型広告」をシャットアウト

あるショッピングサイトで買おうかどうか検討していたものを検索したら、その広告がほかのサイトでもずっと表示され続けたという経験はないだろうか。この広告は、ユーザーの興味関心に基づき配信されているもの。「検索した=興味がある」と見なされ、サイトをまたがって広告が表示されているというわけだ。

ただ、悩んだ結果、買うのをやめたものが延々と表示され続けるのは邪魔なうえに、複数のサイトでそれが表示されるのは、個人情報が漏れているようで気持ちが悪い。こうした広告は「追跡型広告」と呼ばれるが、iPhoneでは、ここに対しても制限をかけることができる。

設定は、「設定」の「Safari」で行う。ここの「プライバシーとセキュリティ」にある「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオンにすると、追跡型の広告をシャットアウトすることが可能になる。この項目は標準でオンになっているが、サイトによっては、複数のサービスをまたがる場合に一部の機能が利用できないこともあり、オフにするのを推奨している会社もある。

代表例がポイントサイト。マイルやポイントなどを得るために、特定のサイトを経由してからショッピングサイトにアクセスするといったことがある。

このようなサービスは、まさにサイトを越えてトラッキングしているからこそ成り立つもので、この項目がオンになっていると、正常にポイントがつかず、トラブルになるおそれもある。オフにするのは、プライバシーとトレードオフになるため、状況に応じて設定を変更するようにしたい。

また、アップル自身もApp Storeなどで広告を配信しているが、ここに対する制限をかけることも可能だ。設定は、「設定」にある「プライバシー」の下段にある「広告」で行う。ここで、「追跡型広告を制限」にチェックをつけると、興味や関心に基づいた広告が表示されないようになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。