iPhone「パスワード自動生成」は驚くほど便利

「追跡型広告」を表示させない方法もある

強力なパスワードが自動で作られ、デバイス間で同期される(筆者撮影)

利用方法は簡単で、パスワード入力欄をタップすると、自動的に複雑な文字列が入力され、画面下にその旨が表示される。このパスワードでよければ、「強力なパスワードを使用」をタップするだけだ。ここで設定したパスワードは、次回以降、Touch IDやFace IDでの認証を行うだけで、自動的に入力されるようになる。

iPhone以外の端末で同じサービスを利用するときにも、安心だ。iCloudキーチェーンを利用していれば、パスワードがiCloudに保存され、同じApple IDでログインしているiPadやMacでも、iPhoneと同様、自動入力ができるようになるため、ユーザーが自分で複雑な文字列を入力する必要はない。セキュリティーの高さと利便性を両立した仕組みというわけだ。

ただし、iCloudが利用できない端末だと、パスワードを手動で入力しなければならない。会社で使っているパソコンがWindowsだったり、タブレットがAndroidだったりすると、パスワードが自動で入力されず、作成した複雑な文字列を手動で入力しなければらないのは難点だ。

2.使い回しのパスワードがないかをチェック

アップル製品だけに囲まれていればいいが、そうでない場合は別途、このパスワードを管理する必要が出てくる。

パスワードを使い回ししているサービスには、「!」がつく(筆者撮影)

このようなときは、WindowsやAndroidなど、ほかのプラットフォームにも対応した「1Password」のようなパスワード管理アプリを使うといい。また、設定したパスワードは、「設定」の「パスワードとアカウント」にある「WebサイトとAppのパスワード」で参照することもできる。少々面倒だが、アップル製以外のデバイスが少ないときは、ここを見て、手動で入力するのも手だ。

この「WebサイトとAppのパスワード」では、保存したIDとパスワードの文字列を確認することができる。ここにアクセスするときは、Touch IDやFace IDでの認証が必要になるため、うっかりiPhoneのロックを解除したまま端末をテーブルの上に置き忘れてしまったようなときでも、他人にのぞかれる心配はない。

どのサービスにどんなIDとパスワードが使われているかが確認できるほか、ここでは、パスワードの使い回しがないかどうかもチェックできる。複数のサービスで同じパスワードを使い回しているときは、URLのあとに△に囲まれた「!」が表示される。詳細な個人情報やクレジットカードなどの決済情報を保存しているサイトにこのマークが表示された場合は、パスワードの変更を検討してもいいだろう。

次ページ直接パスワードを変更することができる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。