iPhone「パスワード自動生成」は驚くほど便利

「追跡型広告」を表示させない方法もある

複数のサービスを使用していると、IDとパスワードをつい使い回していませんか?(写真:fizkes/iStock)

巨大IT企業として、グーグル、アマゾン、フェイスブックとともに「GAFA」とくくられがちなアップルだが、ことプライバシーに関しては、他社と一線を画す方針を打ち出している。同社では、プライバシーを基本的人権と定義したうえで、iPhoneなどの端末から取得する個人情報を最小限に抑えようとしている。また、意図せず個人情報が流出しないよう、セキュリティーに関する機能も充実させている。

例えば、複雑なパスワードを自動生成してくれる機能はその1つ。パスワード使い回しを警告する機能も搭載されている。また、ウェブ上での個人情報追跡をブロックするため、標準ブラウザーのSafariにはさまざまなプライバシー対策が用意されている。

一方で、ガチガチにプライバシー対策をすると、思わぬトラブルを招くこともある。情報流出のリスクも抑えつつ、利便性を向上させるため、ここで紹介する裏技はぜひ覚えておきたい。

1.パスワードを自動生成してくれる便利な機能

ウェブサービスにログインする際にはIDとパスワードが求められるのが一般的だが、数が多くなってくると管理が面倒になる。SNSやネット通販、オンラインバンキング、さらには各種ニュースサイトなど、ネットに生活を依存すればするほど、必要となるIDとパスワードが多くなり、ついついIDやパスワードを使い回してしまう人もいるはずだ。

ただ、これは周知のとおり、リスクが非常に高い。万が一、どこかのサービスからIDやパスワードが漏れたとき、ほかのサービスにも不正にログインされてしまうおそれが高まるからだ。

この連載の一覧はこちら

一方で、総当たりで突破しづらいパスワードを作ろうとすると、文字の組み合わせが複雑になり、入力がしづらいうえに、当のユーザーである自分自身が忘れてしまうケースもある。このようなときは、パスワードを自動で作成する機能を活用するのがいいだろう。

iPhoneにはこの機能が備わっており、Safariでウェブサービスにアクセスしたときはもちろん、アプリ内でパスワードを作ろうとしたときも、強度の高いものを画面上で推薦してくれる。

次ページパスワード入力欄をタップすると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。