24年ぶり日本人「世界一ソムリエ」は誕生するか

優勝なら、あの田崎真也さん以来の快挙だ

田崎真也さん以来、24年ぶりの日本人「ソムリエ世界チャンピオン」の栄冠へ。森覚氏(左)と岩田渉氏(右)は現在ベルギーで行われている、世界最優秀ソムリエコンクールで準決勝へ進出。3枚しかない決勝の切符を手にすることができるか(ウエルカムパーティでリラックスした表情の2人、筆者撮影)

突然ですが、ワタクシぐっちーは第16回 世界最優秀ソムリエコンクールベルギー・アントワープ大会に出ています・・・は大ウソで(笑)、「現在進行形」の最新レポートをさせてください。

24年ぶり「日本人世界ナンバー1誕生」の可能性十分

ワイン好きの方はもちろんですが、そうでなくても、田崎真也さん日本ソムリエ協会会長)が世界一に輝いた大会(1995年、第8回)が今年はベルギーで行われている、と言われれば、ピンと来るかもしれません。しかも、今回はなんと日本人が2人(森覚さん、岩田渉さん、後述)も参戦しており(全世界から予選などを勝ち抜いた63カ国66人が出場)、まさに田崎真也さん以来24年ぶりの「日本人世界チャンピオン」が出るか否か・・・という状況なのです。

しかも、この世界チャンピオンコンクールは毎年やっているわけではなく、3年に1回しかありませんので、まあ、言うなればオリンピック並みでして、前回2016年アルゼンチン大会では森さんが参加したのですが、惜敗!なので、今回は岩田さんも含め、相当期待が高まっています。

改めて2名を紹介します。前回参加の森覚(もりさとる)さん、とまだ20代、同志社大学卒業という異色のソムリエ、岩田渉(いわたわたる)さんの2名であります。森さんはこの世界では言わずとしれた全日本チャンピオン、2017年には厚生労働省による「現代の名工」にも選ばれています。岩田君(あえて君とよばせてください)はアジア・オセアニア大会を制しての権利獲りによる参戦となりました。プロフィールをまとめます。

次ページ日本勢は2人とも予選突破、準決勝進出!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。