佐賀・有明海産の牡蠣が「世界一」と言える理由

レジェンド京都吉兆の徳岡会長もうなった

佐賀・太良町産の牡蠣。ちょっと変わった丸い形が特徴。味は絶品だ(撮影:山下恒之)

突然だが「世界で著名なカキの産地」と言えば、どこが浮かぶだろうか。フランスならノルマンディー地方やブルターニュ、アメリカならマサチューセッツ州ウェルフリートなどが有名だ。もちろん、日本には広島、松島、山陰の岩ガキなど、名うての産地がそこかしこにある。

レジェンドが太鼓判、濃厚で甘味がある世界一のカキ

しかし、こうした有名産地以外にも、実は九州に隠れたカキの名産地があるのをご存じだろうか? しかも、世界にその名がとどろく日本料理の料亭として知られる京都吉兆の徳岡孝二会長(82)をうならせたほどの絶品を育てている場所、と言われればカキ好きなら放っておくことは絶対にできまい。

その場所とはどこか。有明海で養殖される、佐賀県・太良町産のカキだ。「この佐賀県有明海産のカキは本当においしく、びっくりした。仕事柄、世界中のいろいろな産地のカキを食べてきたが、こんなに濃厚で甘味がありおいしいのは初めて」(徳岡会長)。

実は徳岡さんは知る人ぞ知る無類のカキ好きである。「ホームグラウンド」の京都吉兆はもちろん、G7サミットなど数々国際舞台でも首脳をうならせてきた日本料理界の至宝の「味覚細胞」は、名刀のごとく鍛えに鍛え抜かれたものであることは想像に難くない。「レジェンドが舌を巻くほどのうまいカキ」と聞いて、食べてみたいと思わない人はいないはずだ。

では、徳岡会長はいかにしてこの絶品カキに巡り合えたのか。

次ページ徳岡会長が佐賀・太良町産のカキを知ったきっかけは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。