「あたしンち」の表紙を作った男の堅実な仕事観

見ただけで欲しくなる作品はこうして生まれる

『漫画アクション』からのつながりで、アクションコミックスの仕事がきた。

今や国民的なキャラクターに成長した『クレヨンしんちゃん』の表紙もその1つだった。白を基調にした、シンプルでわかりやすい表紙は話題になった。『クレヨンしんちゃん』の表紙を見て、

「あのイメージでお願い」

と頼まれることが多くなった。

『クレヨンしんちゃん』、『あたしンち』など国民的作品から、出版されて話題になった作品など、数多くを手がけている(筆者撮影)

やはりアニメ化された『あたしンち』や、竹書房の4コマ漫画の単行本などだ。

「大ヒットした漫画作品に携われたのは、とても運がよかったと思います。ただ、作っているときはその作品が大ヒットする以前なので、必死に頑張って作っただけですけどね」

関さんは、漫画の表紙をデザインする際、できるだけ漫画家と打ち合わせをするようにしている。

かつては、編集部が勝手にデザイン事務所に依頼をし、漫画家はデザインに関してはノータッチの場合も多かった。

「星里もちるさんの『ハーフな分だけ』(小学館)のデザインをするとき、打ち合わせをさせてもらったんです。そうしたら星里さんにすごく喜んでいただきました。

それ以来、作家さんと打ち合わせをする機会が増えてきましたね」

その場でラフを作りある程度の方向性を決めてしまう

漫画家サイドも表紙には力を入れたいため、デザイナーと打ち合わせをしたいと思う人は多い。

打ち合わせは、基本的にボラーレの事務所で行われる。

「わざわざ足を運んでいただくのは、会社だと資料がたくさんあって便利だからです。あと、打ち合わせをしていて

『こんなイメージがあるんです』

って漫画家さんに言われたら

『5分だけください』

って言って、その場でババババッって、パソコンでラフを作っちゃうんですよ。それを見せた後に

『いや、ここはこうしてほしい』

って言われたら、それもその場で直してしまう。打ち合わせの段階である程度の方向性を決めてしまいます。

次ページ作者さんにイメージがあっても、まとまらないときは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。