「あたしンち」の表紙を作った男の堅実な仕事観

見ただけで欲しくなる作品はこうして生まれる

本人は、現在では自分の職業のことをどのように考えているのだろうか?

「僕はたぶんちょっと珍しいタイプなのかもしれません。アニメーターも経験しているのでラフのときに絵も描けるし、漫画以外の世界のことも興味を持って聞いちゃいます。それはデザイナーとして役に立ってるんじゃないかと思います。

あとは、とにかくずっと続けてきたのがよかったですね。実は30歳くらいのときには、全部投げ出してやめたいと思ったこともありました。当時は

『今後、ずーっとデザインだけをやり続けるのか~』

って少し憂鬱に思えました。今思えば、若気の至りみたいなもので、例えばイラストや写真でも勝負できるんじゃないか?と思っていたからだと思います。

年齢とともに『仕事を依頼していただけるのはなんてありがたいんだろう』と感謝するようになりました」

毎回、内容が変わり仕事の新鮮さが失われない

デザインの仕事は毎回、内容が変わるのが楽しいという。新しい仕事がくるたびに、新しい人に会い、新しいコンセプトで表紙を作る。仕事の新鮮さは失われない。

「僕は飽き性なので、いろいろなことができるのは楽しいです。ただ、それとこれとは別というか、実作業はしんどいです。年齢的に徹夜も厳しくなりました。しんどいからやめたい、って思うことはあるけど、いざやめたら、またやりたくなるんだろうなとも思います。

というか、そもそも家のローンもあるし、家族もいるし、まだまだ働き続けなきゃいけないんですけどね(笑)」

関さんにはこれからも、ひと目見ただけで欲しくてたまらなくなってしまう、漫画の表紙をデザインし続けてほしいと思った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。