ヨネックスが自転車に参入するワケ

超円高をしのいだ新潟工場で一貫開発

1ドル=80円を割り込む超円高をもしのいだ国内工場を使って、ヨネックスが新事業に乗り出す。ヨネックスは12月17日、2014年4月からスポーツサイクル事業に参入すると発表した。ヨネックスといえば、バドミントン用品では日米でトップシェアを誇るスポーツ用品メーカー。40年近くかけて培ってきたカーボン技術を生かして開発したロードバイクフレーム「カーボネックス」を発売する。

フレームの価格は40万円

フレームの希望小売価格は40万円(税抜き)。ロードレース競技者、一般上級者などがユーザー対象で、ネットによる直販は行わず、当面は国内のスポーツサイクル専門店経由で販売する。「お客様には専門店に足を運んでもらい、相談のうえ購入していただくのが基本」と芝原歩・事業開発部課長は話す。

同社が4月から販売するのはフレームのみ。他社製のタイヤ、ハンドル、ペダル、サドルなどすべてのパーツをそろえた場合の価格は、安くても90万円程度になるという。

ヨネックスではスポーツサイクル事業の5年後の目標として、販売数量1000台、取扱店300店、売上高2億円を掲げる。同社の直近の事業別売上高は、バドミントン用品181億円、テニス用品57億円、ゴルフ用品16億円など。スポーツサイクルでの目標は控えめだ。

画像を拡大
世界最軽量クラスを実現したフレーム

今回使用する「カーボネックス」ブランドは、かつてヨネックスがラケットやゴルフクラブにおける最初のカーボン製品に使用してきたブランド名でもある。

カーボネックスは、カーボン製ロードバイクフレームとしては世界最軽量クラスの650グラムを実現した。「軽くするだけなら難しくない。剛性や耐久性、快適性と両立させた」と、同社新潟生産本部の三本信篤・技術開発第二部次長は説明する。

次ページチタン合金「ゴムメタル」も使用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT