エレッセ底上げへ「プヨ肉」ガード水着

老舗ブランド再生、次の一手は

スポーツウエア・用品中堅のゴールドウインが、気になる脇の「プヨ肉」をガードする、オリジナル新設計の水着を開発した。同社が日本国内での権利を取得している「エレッセ(ellesse)」のブランドから、「美アーム美セパ」の名称で、1月中旬より発売する。

「エレッセ 美アーム美セパ」は、女性の体で気になるパーツの上位に挙げられる「二の腕」に着目。脇部分の内側に太めのゴム素材でできたガードを設けることで、脇のプヨ肉をすっきりさせる新設計の「美アーム」仕様とした。

この水着の特徴としては、脇のプヨ肉をしっかりガード、締め付けが少ない幅広設計、縫い目をズラして肌への当たりを軽減、の3点が挙げられている。

従来の「美セパ」に「美アーム」機能付加

脇部分の内側に太めのゴム素材(図上の1、2)でできたガードをつけることで、脇のプヨ肉をすっきりさせる(図右下のAfter参照)

ゴールドウインでは従来から、フィットネスクラブのプール内などで行われる「アクアエクササイズ」に最適として、プールの中でトップスとボトムの間がめくれない「美セパ」シリーズの水着をエレッセブランドで展開してきた。

今回発売する「エレッセ 美アーム美セパ」は、この「美セパ」に、「美アーム」の機能を追加したもの。「美アーム美セパ」シリーズ第1弾の価格は1万2600円(税込み)と、従来の「美セパ」シリーズ(中心価格帯は1万1000~1万4000円前後)に比べて大きく変わらない。

同業他社ではスポーツ用品大手のミズノが昨年12月から、背中や脇の肉をしっかり寄せて、すっきり見せる「バストサイドシェイプ」タイプの水着を発売。フィットネスクラブでの着用を想定した、新たなタイプの女性用フィットネス水着が広がり始めている。 

次ページなぜ「スピード」でなく「エレッセ」?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT