エレッセ底上げへ「プヨ肉」ガード水着

老舗ブランド再生、次の一手は

スポーツウエア・用品中堅のゴールドウインが、気になる脇の「プヨ肉」をガードする、オリジナル新設計の水着を開発した。同社が日本国内での権利を取得している「エレッセ(ellesse)」のブランドから、「美アーム美セパ」の名称で、1月中旬より発売する。

「エレッセ 美アーム美セパ」は、女性の体で気になるパーツの上位に挙げられる「二の腕」に着目。脇部分の内側に太めのゴム素材でできたガードを設けることで、脇のプヨ肉をすっきりさせる新設計の「美アーム」仕様とした。

この水着の特徴としては、脇のプヨ肉をしっかりガード、締め付けが少ない幅広設計、縫い目をズラして肌への当たりを軽減、の3点が挙げられている。

従来の「美セパ」に「美アーム」機能付加

脇部分の内側に太めのゴム素材(図上の1、2)でできたガードをつけることで、脇のプヨ肉をすっきりさせる(図右下のAfter参照)

ゴールドウインでは従来から、フィットネスクラブのプール内などで行われる「アクアエクササイズ」に最適として、プールの中でトップスとボトムの間がめくれない「美セパ」シリーズの水着をエレッセブランドで展開してきた。

今回発売する「エレッセ 美アーム美セパ」は、この「美セパ」に、「美アーム」の機能を追加したもの。「美アーム美セパ」シリーズ第1弾の価格は1万2600円(税込み)と、従来の「美セパ」シリーズ(中心価格帯は1万1000~1万4000円前後)に比べて大きく変わらない。

同業他社ではスポーツ用品大手のミズノが昨年12月から、背中や脇の肉をしっかり寄せて、すっきり見せる「バストサイドシェイプ」タイプの水着を発売。フィットネスクラブでの着用を想定した、新たなタイプの女性用フィットネス水着が広がり始めている。 

次ページなぜ「スピード」でなく「エレッセ」?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。