アシックスが伊デザイナーと組み、透ける靴

狙いはオニツカブランドの向上

シューズに強いスポーツ用品大手のアシックスが、イタリアの新進デザイナーと組んで、ファッション性の強いシューズを展開する。

アシックスは12月25日、同社が世界展開しているカジュアルシューズブランド「オニツカタイガー」で、イタリアのデザイナー、アンドレア・ポンピリオ氏とコラボレートしたシューズ「MEXICO MID RUNNER DX(メキシコミッドランナー デラックス)」を、2013年1月上旬から順次発売すると発表した。シューズのソール(中敷き)には、「Onitsuka Tiger × ANDOREA POMPILIO」のロゴを表示し、ダブルブランドネームの製品であることを打ち出す。

価格はオニツカタイガーの平均レベル

メーカー希望価格は1万4700円(税込み)。オニツカタイガーブランドの既存のシューズは1万2000~1万6000円前後で売られており、今回の新製品も価格面では平均的だ。

当初は欧州をはじめ世界の「アンドレア・ポンピリオ」ブランド取扱店で発売を開始、2月中旬から日本、欧州、アジア地域の「オニツカタイガー」直営店などに順次販売を広げる。同製品の国内外での売り上げ目標としては1200足を掲げている。

メキシコミッドランナーDXは、オニツカタイガーブランドの定番商品をデザインベースとしており、アシックス製シューズの意匠として知られる、曲線を用いたデザインを靴の側面に配している。

素足も靴下も「透けて」見える

メキシコミッドランナーDXが特徴的なのは、シューズのアッパー(甲被)にメッシュ素材を用い、シューズの中の足が透けて見えることだ。機能性よりもファッション性を重視した素材であり、「素足で履いてもよいし、ソックスを履いた上から履いて色づかいを楽しんでいただいてもよい」(アシックス)という。

次ページ外部デザイナーとのコラボは7年ぶり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT