「旅先でランニング」、ホテル大手が新戦略

ウェスティンが靴大手と提携

ウェスティンホテル東京での会見(11月1日)にて、ニューバランスと契約しているワイナイナ選手と並ぶ、ブライアン・ポビネリ氏(右)

ウェスティンホテル&リゾートが、米国大手スポーツシューズメーカーのニューバランスと提携し、宿泊客にトレーニングアイテムを貸し出すプログラムを全世界で展開する。世界的な健康ブーム、ランニングブームの盛り上がりの中、ビジネスマンなどの間で旅行時や出張中にも日常行っているトレーニングを行いたいというニーズが高まっているためだ。

ウェスティンは全世界に190カ所のホテルを展開し、日本では東京・恵比寿のウェスティンホテル東京などを運営。世界的なホテルグループであるスターウッドホテル&リゾートワールドワイドの傘下にあり、「ウェルネス(健康)」を宿泊客に提供することを大きなテーマの1つとしている。

今回のニューバランスとの提携をはじめとした戦略について、ウェスティンホテル&リゾートのグローバルブランドリーダーを務める、ブライアン・ポビネリ氏にインタビューした。ポビネリ氏は、米国の大手スポーツシューズメーカーであるリーボック社でグローバル総合マーケティング担当副社長を務めたこともある。

「旅先でのランニング」へシューズなど貸し出す

――ウェスティンホテル&リゾートがニューバランス(NB)と提携するに至った、そもそものいきさつ、背景と、提携内容のポイントは。

次ページ旅先でランニングするには
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング