「旅先でランニング」、ホテル大手が新戦略

ウェスティンが靴大手と提携

ウェスティンホテル東京での会見(11月1日)にて、ニューバランスと契約しているワイナイナ選手と並ぶ、ブライアン・ポビネリ氏(右)

ウェスティンホテル&リゾートが、米国大手スポーツシューズメーカーのニューバランスと提携し、宿泊客にトレーニングアイテムを貸し出すプログラムを全世界で展開する。世界的な健康ブーム、ランニングブームの盛り上がりの中、ビジネスマンなどの間で旅行時や出張中にも日常行っているトレーニングを行いたいというニーズが高まっているためだ。

ウェスティンは全世界に190カ所のホテルを展開し、日本では東京・恵比寿のウェスティンホテル東京などを運営。世界的なホテルグループであるスターウッドホテル&リゾートワールドワイドの傘下にあり、「ウェルネス(健康)」を宿泊客に提供することを大きなテーマの1つとしている。

今回のニューバランスとの提携をはじめとした戦略について、ウェスティンホテル&リゾートのグローバルブランドリーダーを務める、ブライアン・ポビネリ氏にインタビューした。ポビネリ氏は、米国の大手スポーツシューズメーカーであるリーボック社でグローバル総合マーケティング担当副社長を務めたこともある。

「旅先でのランニング」へシューズなど貸し出す

――ウェスティンホテル&リゾートがニューバランス(NB)と提携するに至った、そもそものいきさつ、背景と、提携内容のポイントは。

次ページ旅先でランニングするには
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。