日本のホテル市場はまだ伸びしろがある

スターウッドの幹部に聞く

スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドは、世界100カ国で1100を超すホテルやリゾートを所有・運営し、特に高級ホテルカテゴリーでは世界首位の座を占める。2011年12月期の売上高は56億2400万ドル、営業利益6億3000万ドルで増収増益を達成している。

傘下に「セントレジス」「ラグジュアリー コレクション」「W」「ウェスティン」「ル メリディアン」「シェラトン」「フォーポインツ・バイ・シェラトン」「アロフト」「エレメント」の9つのホテルブランドを持つ。会員プログラム「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」では、獲得ポイントを無料宿泊や部屋のアップグレード、航空券などに転換できる(特典除外日なし)。11月に来日したアジア・太平洋地区社長のステファン・ホー氏(上写真)に、日本やアジアでのビジネス展開について聞いた。

――ウェスティンホテル東京(恵比寿)をはじめ、東日本大震災後の日本国内ホテルの回復状況はいかがですか?

地震や津波は大変な不幸でしたが、日本は着実に回復してきている。訪日客も増え、今年は800万人に達するでしょう。当社の保有するホテルの客室稼働率も非常に高い。今は(尖閣諸島など)政治上の問題を要因に海外からの客足が遠のいているが、それが解決されれば、客足はさらに増えるだろう。

次ページ日本のホテルを倍増
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。