日本のホテル市場はまだ伸びしろがある

スターウッドの幹部に聞く

東京には「W」も「セントレジス」も「アロフト」「フォー・ポインツ・バイ・シェラトン」「ル メリディアン」もまだないので、こういったブランドを展開していきたいと考えている。大阪は「セントレジス」があるが、他ブランドの展開を視野に入れている。リゾート地では沖縄などに十分な機会があるのではないかととらえている。

――他の外資系ホテルや日本の大手との競争をどう勝ち抜きますか。

われわれは1988年にシェラトン・グランデ・トーキョーベイをオープンして以来、好調な業績を続けており、新しい協力オーナーと交渉する際にも強みになっている。この実績に加え、市場特性を十分に理解したローカルチームをスタッフに抱えていて、デベロッパーとの長期的な信頼関係が構築されている。バランスシートの強みもある。競争関係は非常に熾烈だが、成長していくすべは持っていると考えている。

加えて強みを2つ挙げれば、9つのライフスタイルブランドを持ち、1つひとつが異なる特性を持っていることだ。1つしかブランドを持っていない他グループもある。また、スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)というロイヤルティプログラムがあり、われわれのホテルに滞在するお客様の2人に1人がメンバーである。特典で9つのブランドすべてを利用できる利点がある。

中国はつねに100ホテル建築中、インドも急増へ

――日本以外のアジアでのビジネスは。注力地域はどこですか。

アジア・太平洋地区では、ラグジュアリーセグメントではスターウッド・グループがリーディングブランドだ。当社グループとしても最も多い、合計68のリゾートを運営している。展開地域はインド、中国がメインだが、もちろんほかにも東南アジア全般を主力市場としてとらえている。日本、オーストラリア、シンガポール(右写真はシンガポールの「W」ホテル)などの先進国は、すでに成熟している市場ではあるが、ホテル需要が伸びているので、新しいブランドを展開していく余地がある。

次ページ中国で100ホテル建設
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。