日本のホテル市場はまだ伸びしろがある

スターウッドの幹部に聞く

東京には「W」も「セントレジス」も「アロフト」「フォー・ポインツ・バイ・シェラトン」「ル メリディアン」もまだないので、こういったブランドを展開していきたいと考えている。大阪は「セントレジス」があるが、他ブランドの展開を視野に入れている。リゾート地では沖縄などに十分な機会があるのではないかととらえている。

――他の外資系ホテルや日本の大手との競争をどう勝ち抜きますか。

われわれは1988年にシェラトン・グランデ・トーキョーベイをオープンして以来、好調な業績を続けており、新しい協力オーナーと交渉する際にも強みになっている。この実績に加え、市場特性を十分に理解したローカルチームをスタッフに抱えていて、デベロッパーとの長期的な信頼関係が構築されている。バランスシートの強みもある。競争関係は非常に熾烈だが、成長していくすべは持っていると考えている。

加えて強みを2つ挙げれば、9つのライフスタイルブランドを持ち、1つひとつが異なる特性を持っていることだ。1つしかブランドを持っていない他グループもある。また、スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)というロイヤルティプログラムがあり、われわれのホテルに滞在するお客様の2人に1人がメンバーである。特典で9つのブランドすべてを利用できる利点がある。

中国はつねに100ホテル建築中、インドも急増へ

――日本以外のアジアでのビジネスは。注力地域はどこですか。

アジア・太平洋地区では、ラグジュアリーセグメントではスターウッド・グループがリーディングブランドだ。当社グループとしても最も多い、合計68のリゾートを運営している。展開地域はインド、中国がメインだが、もちろんほかにも東南アジア全般を主力市場としてとらえている。日本、オーストラリア、シンガポール(右写真はシンガポールの「W」ホテル)などの先進国は、すでに成熟している市場ではあるが、ホテル需要が伸びているので、新しいブランドを展開していく余地がある。

次ページ中国で100ホテル建設
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT