丸の内駅舎オープンで高まる東京駅の魅力

丸の内駅舎オープンで高まる東京駅の魅力

渋谷ヒカリエ、ダイバーシティ東京、東京スカイツリータウン--。

今年は東京都内に新名所の誕生が相次いでいる。共通項は鉄道会社が主役ということだ。そのトリを飾るのが改装・復元工事が完了し、100年前の姿に戻ったJR東京駅丸の内駅舎(=タイトル横写真=)である。

駅舎が公開された10月1日には、いち早くその姿を見ようと多くの人々が駅舎周辺に詰めかけた。夜にはライトアップが開始され、光に彩られた美しい駅舎を眺めることができる。丸の内駅舎は早くも東京の人気スポットの仲間入りを果たしたといってよいだろう。

創建当時の姿に“復原”、駅舎内のホテルもリニューアル

国の重要文化財にも指定されている東京駅丸の内駅舎は、建築家・辰野金吾によって設計された建物で、1914(大正3)年に完成している。だが、戦争の空襲により、内装をはじめ南北のドーム部分や屋根などが焼失。戦後すぐの1947年に再建されたが、予算等の都合でドームは八角形、3階部分も省かれた形となった。それから50年後の2007年に駅舎を保存させつつ創建時の姿に戻す“復原工事”が着工。5年の歳月を経て、21世紀の東京に当時の駅舎の姿を甦らせた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。