丸の内駅舎オープンで高まる東京駅の魅力

かつてあったホテルの魅力も残す。バー「オーク」のバーテンダーを務める杉本壽氏は、近くにわたり休館前の東京ステーションホテルのバーカウンターを守ってきた人物で、「東京駅」や「ひかり」など同店にしかないオリジナルカクテルを考案してきた。新装された店内で「バーが立派になった。ずっとここでやってきたから、またこの場所でバーテンダーをできることがうれしい」と杉本氏。こうした“伝統の味”が味わえるのは、駅舎と共に歴史を歩んできたホテル(ホテル開業は1915年)ならではの特徴だろう。


■東京ステーションホテルで半世紀近くバーテンダーを務める
杉本壽氏が再びカクテルをつくる

客室は58室から150室に増室、かつてはシングルルームが多かったが、ほとんどを2名用客室にした。1室1泊の料金は部屋数の多いパレスサイドの客室(81室、26~58平米)で3万5805円~7万6230円。最高料金の部屋はロイヤルスイート(173平米)の80万8500円。客層はビジネス客6割、レジャー客4割と見込んでおり、金田文典・東京ステーションホテルオペレーション統括支配人は、「海外での知名度を上げ、3年後には外国人客を3~4割にしたい」ともくろむ。

駅舎内には、JR東日本系列の旅行会社が運営する訪日旅行者向けの観光案内施設も設置。外国人客向けのサービスにも気を配っている。梅原康義東京駅長も「東京駅は100年前から日本の中央駅の位置づけだったが、その意味は日本人のための中央駅から世界における日本の中央駅に位置付けが変わった」と、東京駅が世界の顔としての存在だということをアピールしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。