日本のホテル市場はまだ伸びしろがある

スターウッドの幹部に聞く

日本のビジネスを数年で倍増させる

――今後の日本での戦略は。

日本に関してはまだまだポテンシャルがあると感じている。日本人のお客様もそうですが、海外からいらっしゃるお客様が現時点ではまだまだ少ない。そこに伸びしろがある。

既存ホテルの改装を中心に、当社ブランドのホテルを増やす。特に中位ブランドをより積極的に展開していけるのではないかと考えている。よりアップグレードなホテルに転換することを希望するオーナーの方々を狙っていく。現在日本にグループのホテルが15(約6200室)あるが、十分とは思っていない。

新築と改装を合わせて、今後3~4年間でこれを倍増の30ホテルにしたい。スターウッドはグループの財務が非常に健全なので、直接投資による展開も考えているが、マイノリティ・パートナーとしてのスタンスも十分にありうる。

――具体的な案件は。進出候補地などはありますか。

11年に広島でシェラトン広島をオープンしたが、つねにいろいろな地域で進出機会を探っている。やはり東京、大阪は最有力。東京には1600万人、大阪には880万人の人口がある。また、海外からの客も、目的地は「まずは東京」と言ってくる。東京に行って、そのあとほかの地域を回るプランを立てるからだ。

各県、各都市にそれぞれのよさ、特徴があるのが日本のいいところ。日本は一度行ったらもう終わりという目的地ではない。毎年日本へ来るお客様もいる。心配なのは円高ドル安で、訪日にカネがかかるのがネックだ。

次ページ東京は開拓余地
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT