「旅先でランニング」、ホテル大手が新戦略

ウェスティンが靴大手と提携

ポビネリ氏はウェスティンホテル&リゾートでグローバルブランドリーダーを務める

ウェスティンというブランドは、お客様の健康増進が大きなテーマ。その中の一つが「ウェスティンワークアウト」。ウェスティンはホテルブランドでは初めて、「ワークアウト(勤務時間外に行うフィットネスプログラムを指す)」をいかにして滞在しているお客様に提供するかということを体現したホテルだ。

ランニングについては、ワークアウトの中でつねに1つの課題になってきた。そこでコンシェルジェが同行する形で実際にランニングのルートを走っていただくサービスを設けたり、NBとの提携によるトレーニングアイテム(ランニングシューズ、ウエアなど)の貸し出しプログラムを今回、グローバル展開することにした。

やはり、どうしても旅行時には、健康維持のために行っている日常習慣を続けることは難しい。ウェスティンワークアウトに何かサービスをプラスすることで、そうした方々に快適な状況を作ってあげられないかと模索をしてきた。

調査の結果わかったのは、旅行時や出張時にトレーニングアイテムを荷物の中に入れるのはなかなか難しいし、たまたま入れていなかったりすることも多いということ。せっかくウェスティンワークアウトでいろいろなサービスをそろえていたり、ランニングする場所があったりしても、実際にはご利用いただけないということがあった。

また、実際にトレーニングウエアやシューズをご持参いただいても、汗をかいてびしょびしょになったウエアを、スーツなどと一緒に荷物の中に入れて持ち帰るのは快適ではない。それも問題点の1つとしてとらえていた。さらに、飛行機に乗るときも、今は航空会社に手荷物を預けるのにプラスアルファで課金されることがある。今回、ウェスティンとNBが提携して行うウエアとシューズなどの貸し出しプログラムを利用すれば、単に快適さだけではなく、そうしたプラスアルファの出費を節約できる。

次ページNBを選んだ理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。