「旅先でランニング」、ホテル大手が新戦略

ウェスティンが靴大手と提携

――ポビネリさんはリーボックからホテル業界に移ってきたとのことですが、健康やフィットネスへの取り組みについて今までの経験を生かせると感じたことはありますか。

リーボックでの経験も生かせた

これはどの業界でも言えるが、お客様が一番。お客様が必要とするものをまず最優先に考える。リーボックでは、お客様の求めるものは「フィットネス」ということで表現できるが、ウェスティンも冒頭に話したように「フィットネス」が特徴の1つ。そこが共通点だ。今回のプログラムにおいても十分生かせるところがあり、自身の経験はそこでレバレッジできている。フィットネスという要素をいかに、旅行や出張向けに展開していくかということでやってきた。

――日本人の旅行者は、ともすればホテル内にせっかくあるフィットネス施設を利用せずに部屋で過ごしたり、外へ飲みに行ってしまう。世界的に旅行時でもフィットネスを求めるニーズはかなり強いのか。日本人の旅行者にも訴えていきたいことはあるか。

ウェルネス(健康)を求めることは確実にグローバルトレンド。今後もどんどんそういう動きが高まってくる。ただ、それは地域や市場によって定義が異なる。

東京ではランニングやフィットネスに対する意識が、アジアの他地域に比べて高いと思うが、ビジネスマンが出張するとき、旅行時のウェルネスに時間を割くといった意識については弱いかもしれない。やはり、事前に計画しなくてはならないとか、出張時のように忙しい中でもあえて時間を作らないと行けないとか、ということが大きいのだろう。われわれとしては、いかに利用しやすく快適に、こうしたサービスを提供できるかだ。

次ページ実はトライアスロンが好き
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。