アシックスが伊デザイナーと組み、透ける靴

狙いはオニツカブランドの向上

オニツカタイガー直営店では13年2月中旬からコラボ製品を取り扱い開始(写真はオニツカタイガー表参道店)

スポーツシューズのイメージが強いアシックスの中でも、オニツカタイガーはもともと、ファッション性を追及したカジュアルシューズのブランド。これまでも、皮革や、スエード、サンダルタイプなど、さまざまな素材やデザインで展開されてきたが、今回のメキシコミッドランナーDXのように、目の粗いメッシュ素材で足も見えるようにしたタイプは初めてという。

アシックスが外部デザイナーとコラボレーションするのは、06年2月に、同じオニツカタイガーのシューズで、大矢寛朗氏と組んで以来、7年ぶり。大矢氏は鉄腕アトム(アストロボーイ)をモチーフにしたデザインで知られ、このときは、アトムの顔のシルエットを散りばめたデザインだった。

13年秋冬には靴1品番、ウエア25品番を展開へ

今回、アシックスが組んだポンピリオ氏は、1973年、イタリアのペザロ生まれ。建築家の父親、画家の母親、ブティックを経営する祖父という家族環境の中で育ち、8歳でデザイナーになることを決めたという。

「プラダ」「イヴ・サンローラン」などのデザインに携わった後、11年秋冬シーズンに自身のコレクションを発表。11年6月には「ピッティ・ウオモ(年2回、イタリアのフィレンツェで開催されている世界最大級のメンズファッション見本市)」で、12年春夏コレクション新人デザイナーの最優秀賞を受賞するなど、新進デザイナーとして注目度が高まっている。ポンピリオ氏自身がオニツカタイガーのシューズを愛用していることもあって、今回のアシックスとのコラボレートが実現した。

コラボ第1号となるメキシコミッドランナーDXは国内外での売り上げ目標が1200足と、アシックスとしてはかなり控えめだが、今回のコラボでただちに大きな売り上げを追及するよりは、オニツカタイガーのブランドイメージをより向上させる意味合いのほうが大きいと見られる。

アシックスでは早くも13年秋冬シーンに向けて、ポンピリオ氏との新たなコラボ製品を企画中。来年1月8~11日にフィレンツェで開催される「ピッティ・ウオモ」で、シューズ1品番、ウエア25品番を出展するなど、製品ラインナップの充実を図る予定だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT