ヘタれない人が寝る前3分間実行していること

その日の記憶を肯定する作業とは何か

何か解決したいことがあると、それを四六時中考えている。どうしても成し遂げたいことがあると、寝ても覚めてもどうすれば実現できるかを考えている。そうしているうちに、あるときパッとひらめいた! あなたはこんな経験はないですか? これは寝ている間でも、私たちの潜在意識は働いていて、解決する方法や実現する方法を考えてくれているからです。

特に、「こうなりたい」「あんなふうになっていたい」ということをイメージし、言葉にしていると、潜在意識は実現の方法を考えてくれるのです。こんなすばらしい潜在意識をうまく活用できるといいですよね。

一日中否定的な思い出だけでも塗り変えられる

実は、脳は寝た瞬間にその日一日を再生します。もし、その日一日を否定的な思いで過ごしていて、寝る前まで引きずってしまうと、脳は睡眠中にその否定的な思いをつくる原因となった出来事も含めて何度も反復してしまい、マイナスのイメージトレーニングをしていることと同じになってしまいます。

また、一日中肯定的な思いになる出来事ばかりだったとしても、寝る前に否定的な思いになる出来事があると、マイナスのイメージトレーニングをしていることになるのです。

『勝者のゴールデンメンタル ―あらゆる仕事に効く「心を強くする」技法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

逆に、一日中否定的な思いになる出来事ばかりだったとしても、寝る前に肯定的な思いをつくってしまえば、脳は最後を記憶するため、肯定的な記憶データとして記憶してくれるのです。

つまり、「一日をどのような思い、感情で終わるか」が夢や目標を実現するためにとっても重要になるのです。脳は一日の最後を強く記憶します。そして寝る前に思っていたこと、感じていたことを寝ている間に繰り返してくれるのです。

このことから、イメージトレーニングに最適なタイミングは“寝る前”だということがわかります。布団に入ってから寝付くまでの時間で、イメージトレーニングを行えば、最も効果的に潜在意識に記憶させることができるのです。

この「脳のゴールデンタイム」に実現イメージを描くのです。一日3分のイメージタイムをとりましょう。この繰り返しが将来の自分をつくっていくでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT