「パニック症かも?」と思う人に伝えたい知識

医師による対処法と体験談を紹介

パニック障害への理解と周知が大切です(撮影:今井康一)
最近、注目が集まっているパニック症(障害)について、東京慈恵会医科大学附属第三病院精神神経科の中村敬医師に解説していただいた。

激しい発作と恐怖を伴うパニック障害

パニック症(パニック障害)とは、パニック発作がくり返し出現する疾患です。個人の素因、性格、過労やストレスなどの環境要因が相まって発症するものです。

パニック発作とは、突然、動悸、頻脈、めまい、胸痛、吐き気、息苦しさなどの自律神経症状が生じ、「このまま死んでしまうのではないか」といった恐怖を伴います。

当記事は不登校新聞の提供記事です

発作は数分以内にピークに達し、その後は時間の経過とともに徐々におさまっていくことが特徴であり、この発作でコントロールを失ったり死んでしまうことはありません。

けれども症状が強烈なため、「また発作が起きるのではないか」という「予期不安」によって、乗り物に乗ることや、ひとりで外出することが困難になる人も少なくありません。

パニック症には抗不安薬やSSRIというタイプの抗うつ薬が有効ですが、それだけでは十分ではありません。

まず、(Y.Y)さん(下記参照)のように「パニック発作で死ぬことはない」「発作は時間がたてば自然におさまる」という事実を理解し実感することが大切です。

そして不安のまま必要な行動に踏み込み、損なわれていた生活を立て直すことが回復の鍵になります。

次ページ経験者が考えた、3つの対処法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。