仕事を覚えるには「質問力」を磨くのが有効だ

上司との雑談、会議の発言…こうすれば良い

一方で、避けたいのが、「おっしゃっていることがわかりません」「これって何のためにやっているんですか?」といったネガティブな雰囲気が感じられる言い方だ。こうした質問をしたい場合は、「今のお話は、こういう意味でしょうか?」「今回の目的はこういう理解でよいでしょうか?」といった具合に、確認の質問にするといい。

職場や移動中、ランチの場などで、先輩や上司と2人きりになることもあるだろう。会話が続かず沈黙することがある。こんな時こそ質問が役に立つ。

「上司と一緒の時は基本的にプライベートなことを聞きます。よく使うのは、『週末はどうしましたか?』もしくは『週末、どうするんですか?』。何もなければ、逆に『君はどうするの?』と聞かれるので、いずれにしても話は広がっていきます」(不動産・24歳)

「私は朝見たテレビを話題にすることが多いですね。『こんな特集をしていたのですが、ご覧になりました?』みたいな。見ていなくても内容を説明すると、そこから話が弾んだり、先輩や上司の新たな一面を発見できたりすることがあります。苦手な分野の特集だと支離滅裂な受け答えになっちゃうこともありますが(笑)」(アパレル・29歳)

「会話術などの本には、『木戸に立ちかけし衣食住』を紹介しています。これを覚えておくと質問のヒントになるでしょう」(伊東氏)

これは話が盛り上がる質問の語呂合わせで、「き」は季節や気候、「ど」は道楽=趣味、「に」はニュース、「た」は旅や休日の話題、「ち」は知人や地域、「か」は家族(ペット)、「け」は健康、「し」は仕事、そして「衣」「食」「住」だ。

ただし、「〇〇さん、使い込みをしたんですか?」「先輩、なんで結婚しないんですか?」といったネガティブな質問、プライバシーに関わる質問はNGだ。

質問の答えをしっかり覚えておくことも大切

こうしてみると、気遣いをもって質問すれば、質問は決して迷惑ではないこと、また、会話や発言に使える質問のネタはあらゆるところに転がっているとわかるだろう。

「『どこに住んでいるんでしたっけ?』と同じ質問を何回もされたことがある。最初は忘れているかと思ったけど、どうやら質問するだけで、答えを聞いてない。2人になったので、何か言わなければと思ったんでしょうが、聞いてないのは失礼だと思う。ただ、相手は取引先だったから黙っているけど……」(広告・38歳)

さっそく、質問したくなった人もいるかもしれないが、その際は、相手の答えをしっかり聞くことも忘れずに。とくに業務に関することは、何度も同じ質問をしないように、後でメモを残しておくのがよいだろう。

質問することに抵抗がなくなれば、疑問がどんどん解消し、視野も広くなる。仕事はぐんと楽しくなるはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT