「奇跡の靴」をつくった徳武産業の感動的な話 車いすに乗った青年がこぼした涙の理由

拡大
縮小

ケアシューズ「あゆみ」の開発は今も続いています。新商品の開発チームはよりよい商品を求めて開発の手をゆるめていません。

『神様がくれたピンクの靴』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「お年をめした方の足は、年齢とともに変化していきます。今、足にちょうどいいからといって、来年も再来年もちょうどいい靴とは限りません。私たちは3年後、5年後まで考えた靴をつくり続けていかなければいけないのです」

開発チームのある社員の言葉です。

普通の靴と違いお年寄りが履く靴ですから、軽くて柔らかくて、それでいて、足にぴったりフィットする履き心地でなければなりません。

靴の素材に最適な生地やパーツを探し歩き、デザインを研究しました。

こうしてできあがったのが「ダブルマジック」という商品です。足の甲を覆う部分(アッパー)の開口部が大きく開くことで、足を簡単に靴の中に入れることができ、さらに面ファスナーでベルトの締めぐあいが調整できるので、足にむくみや腫れがあっても、状態に応じて自在にフィットさせることができます。

この商品は「あゆみシリーズ」の主力商品となり、大ヒットとなりました。

開発を続けていくことが徳武産業の使命

ほかにも、かがみこんだり、手を使わなくても、さっと履けるようした靴、かかとの部分が開いて装具にも対応できる靴など、お年寄り、障がいのある方のそれぞれに合わせたさまざまな靴が開発されてきました。中には採算ギリギリの靴もありますが、十河さんたちは、徳武産業の靴を求めているお客様がいる限り、求められる靴を適正価格でつくっていきたいと考えています。

お客様の「ありがとう」に応え続けて、徳武産業は2017年、創立60周年を迎えました。

十河さんたちは、この先、50年後、100年後も、もっとたくさんの「ありがとう」をいただくために、ずっと開発を続けていくことが自分たちの使命だと思っています。

佐藤 和夫 人を大切にする経営学会 常任理事

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

さとう かずお / Kazuo Sato

1952年北海道生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、出版社勤務。 経営雑誌編集長、社団法人事務局長などを経て出版社設立。2000社を超える企業取材を通して、人間としての経営者と企業経営のあり方を洞察してきた。現在「人を大切にする経営学会」常務理事。一般社団法人「豊島いい会社づくり推進会」会長。「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞 審査委員。株式会社あさ出版代表取締役。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT