ビジネスの場で注目、「デザイン思考」とは何か

あらゆる場面の問題解決に役立つ思考法だ

「デザイン・シンキング」を学ぶ重要性を教えてくれたマイルス・ペニントン氏(写真:HILLS LIFE DAILY)  
デザイン・シンキングは、あらゆるビジネスの場面で、問題解決に役に立つ。だからこそ、社会人がデザイン思考を身につけられる学校を作れないか? そんな思いから生まれた教育カリキュラム「デザインアカデミー」。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(以下、RCA)と東京大学生産技術研究所が協同で運営する「RCA-IIS Tokyo Design Lab」と、森ビルが連携して実施するプログラムだ。
「デザインアカデミー」のディレクターを務めるマイルス・ペニントン氏に、社会人がデザイン・シンキングを学ぶ重要性について聞いた。

デザインとはいったい何か

――最初に「デザイン・シンキング」という言葉の意味を教えてください。

ペニントン:デザイン・シンキング、つまりデザイン思考とは、ある種の“姿勢”を意味します。それは私たちが一番学んで欲しいと思っていることでもあり、デザインの技術や斬新なアイディアを生む方法論よりも、ずっと重要なことです。その姿勢とは、「境界を越えたいと思う態度」や「人々と繋がりたいと思う態度」のことです。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

デザインというのは、何かを変えていきたいという強い思いなのです。そのためには様々な壁を越えようとするバイタリティも必要です。私が働く東京大学生産技術研究所の扉にはこんな言葉を掲げてあります。

「What Are You Waiting For? Make It Now!」。これは、とある鋳型工房で見かけたスローガンなのですが、この研究室にぴったりだと思って使わせてもらっています。姿勢を持つことこそ難しく、それさえ手に入れば、技術や方法論を手に入れることはとても簡単なのです。

――では、「デザインアカデミー」ではどういったことから学ぶのでしょうか?

ペニントン:前述した“姿勢”を身につけた後は、人間について知ることが大切です。それも自分ではなく、他者について。そのために例えば、生徒同士でインタビューを行ってもらいます。「朝ごはんに何を食べたのか?」といった、他愛もないことを聞き合うのです。他人に興味を持つことも、デザイン・シンキングには欠かせません。

次ページ発想力を鍛えるエクササイズとは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。