テレビアニメ制作と「中央線」の深すぎる関係

「荻窪」を中心に業界に変化が起きている

荻窪は今のアニメ業界を支える“心臓部”の1つといっていい地域だ。写真は荻窪駅北口(写真:尾田信介)
アニメ制作会社が多いといわれる中央線沿線。中でも荻窪駅周辺には、ひときわ集中していた。
どうして荻窪なのだろうか? そこで荻窪にスタジオを構える制作会社エイトビットを訪れて、同社のプロデューサーに荻窪とアニメ制作について話を聞いた。そこから見えてきたのは――。

 

杉並区と練馬区にアニメ制作会社が集まっている

深夜にテレビをつけると、ちょっと驚くような遅い時間にアニメが放送されているのを見たことはないだろうか。実はここ数年、テレビアニメは一週間に数十作放送されるのが当たり前の状態が続いており、アニメの“主戦場”は、今や深夜枠なのである。

では、そうして日々アニメを送り出しているアニメ制作会社は、日本にいったい、いくつあるのだろうか。

2016年に、日本動画協会が「アニメ制作会社立地調査」を行っている(「アニメ産業レポート2016」一般社団法人日本動画協会)。この調査で対象としたのは、音響制作を除くアニメ制作に関わるあらゆる会社。その数はなんと622社。そのうち141社が、「元請け」と呼ばれる作品制作の主体となる会社で、それ以外は、それぞれの専門分野(作画、3DCGなど)を担う下請け会社となる。

この622社のうち東京に本社があるのは87.1パーセントにあたる542社。そして東京の中でも特に、杉並区(138社)と練馬区(103社)に、アニメ制作会社が集まっている。これを鉄道の路線で見ると、西武池袋線・西武新宿線の沿線と、JR中央線沿いにアニメ制作会社が集中している形になる。

本記事は『東京人』2019年3月号(2月1日発売)より一部を転載しています(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

どうしてアニメ制作会社が、特に西武線、中央線沿線に集まっているのか。それはアニメ産業の黎明期までさかのぼる。

西武線沿線に多いのは、西武池袋線の大泉学園駅近くに東映動画(1956年創業、現・東映アニメーション)が、同富士見台駅近くに虫プロダクション(1961年創業)が誕生し、その周辺に関連会社が広がっていたからである。一方、中央線のほうは1964年に南阿佐ヶ谷に東京ムービー(現・トムス・エンタテイメント)が設立されたことがきっかけと言われている。また、1962年設立の竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)も、中央線の国分寺駅から西武国分寺線で2駅離れた鷹の台にスタジオを構えていた。

こうした歴史を背景に持ちつつ、近年、特にまた、アニメ制作会社が集まりつつある地域がある。それが荻窪駅周辺だ。

次ページ10社前後も荻窪に集まっている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。