後悔しない!賢い高齢者介護住宅の選び方

有料老人ホームから、いまブームの「サ高住」まで

ベネッセスタイルケア社の「アリア代々木上原」(渋谷区)。土地柄、入居者には元経営者をはじめ、その地域のセレブが多い

介護保険を適用されている65歳以上の高齢者は全国に434万人いる。多くは自宅で家族が介護しているが、仕事や育児の事情などで、在宅では親を介護できない家族も少なくない。

俗に言う特養、「特別養護老人ホーム」は社会福祉法人などが運営する公的施設で、全国に42万戸ある。が、費用が安いゆえに入居希望者が多く、ざっと42万人が待機の状態だ。特に東京都など都心部では数年、長くて10年間(!)も待たされるケースがあるほど。要介護度の重い順から優先しているのだが、冗談抜きで、入れる頃には寿命が尽きてしまうことも…。事実、入居するのは平均80歳前後である。

一方、特養に入れない人のためにあるのが、民間の「有料老人ホーム」で、こちらは全国に31万戸。ここ1~2年、急速に伸びている「サービス付き高齢者住宅」(サ高住=さこうじゅう)は、13万戸だ。他に認知症の高齢者のための共同施設「グループホーム」などがある。

次ページ「特養」は事実上厳しい。他の選択肢は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。