太る原因は「食べ過ぎ」に限らないという新説

食べ過ぎや運動不足より影響が大きい「遺伝」

肥満の原因は何でしょうか(写真:Vadym Petrochenko/PIXTA)
肥満になる年齢がどんどん下がっていることをご存じでしょうか? 22年間にわたって行われた研究によると、肥満はどの年齢層の子どもにも増えており、ゼロカ月から6カ月の赤ちゃんにもその傾向が見られたとのことです。
ゼロカ月で太っているという現象から、「遺伝は、食べ過ぎや運度不足以上に体重に及ぼす影響が大きい」と語るのは、『トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ』の著者ジェイソン・ファン氏。増える子どもの肥満から、「遺伝はどれくらい体重に影響するのか」、その真相に迫ります。

成人後、17倍太りやすい

「子どもの頃に肥満だった人は、寿命が短い傾向にある」という研究報告があります。それほど、子ども時代の肥満は危険なのですが、関連して取り上げられるのが「肥満は、氏か育ちか」という問題です。

肥満の子にはたいてい肥満の兄弟がいます。そして、肥満の子どもは肥満の大人になり、肥満の大人は肥満の子どもを持つ傾向が高い。これは、否定しようがない事実です。子どもの頃に太っていた人が、大人になって太る確率は、そうでない人の17倍以上とされています。しかし、これが「遺伝的なもの」なのか、「生活環境によるもの」なのかは、長年謎でした。

確かに、家族は同じ環境下で暮らします。同じものを同じ頻度で同じように食べ、車を共有したりするなど、「食べる量が増え、運動量が減ったことが原因=環境説」が優位でした。しかし、近年では、「環境の影響は小さい」という研究結果が出ています。

肥満研究の権威・アルバート・J・スタンカード博士が「養子を迎え入れた家族」を対象に調査を行いました。デンマークで養子になった540人をピックアップし、それぞれ“生みの親”と“育ての親”と体重の比較を行ったのです。もし、肥満に最も影響を与えるのが環境だとすれば、養子は養父母に似るはずで、逆に遺伝的要素が最も強いのであれば、彼らは生みの親に似るはずです。

結果、養父母と養子の体重に、相関関係はまったく見られませんでした。養父母がやせていても太っていても、養子の体重に違いがなかったのです。一方、養子を生みの親と比較したところ、双方の体重にはっきりと一貫した相関関係が見られました。生みの親は育児にまったく関与していないにもかかわらず、肥満の傾向が実の子に受け継がれていたのです。太っている両親の子どもを、やせている家庭で育てたケースでも、子どもはやはり肥満になりました。

次ページ「肥満の7割」は遺伝による
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。