40歳、「裏社会を本で伝える男」の非凡な人生

だからこそ僕は誰よりも友情を大事にする

「恥ずかしかったけど、うれしかったんです。みんなを楽しませたいと思って作品を作ったこと、そしてそれを読んで喜んでもらえたことが」

先生と交流するようになり、いろいろな文学を紹介してもらった。

「ロシア文学、ドストエフスキーとか世界観がしっくりきましたね。中原中也や萩原朔太郎、リルケやダゴールといった作家の詩もよく読みました。自分でも作品を書いて先生に見てもらっていました」

学校では文学青年で過ごしていた草下さんだが、中学時代からの不良の友人との縁も切れていなかった。

「友達の父親が潰れた雀荘を持っていて、そこにいろいろな人が集まって毎日麻雀大会が開かれてたんです」

そこには裏社会の人間も数多く集まっていた。若くして麻雀が強い草下さんは、彼らに気に入られた。世の中の裏の話を聞くことができた。

「詩を愛する文学青年」と「夜な夜な雀荘で麻雀を打つ若者」という両面を持って高校時代を過ごした。

半同人誌のようなシステムの本に応募

そのころ、草下さんは『ぶんりき』(彩図社)という本の存在を知った。お金を払うと自分の作品を載せてもらえるという、半同人誌のようなシステムの本だった。

「本の存在を知って興味が湧いて、応募することにしました。中原中也を真似たような詩を書いて送りました」

彩図社の社長から電話があった。

「載せるのは問題ないけど、掲載料がかかる。高校生だけどお金は大丈夫なのか?」

という確認の電話だった。

「麻雀で稼いだお金で掲載しました。恥ずかしいので友達には誰一人言わなかったですね。ただ国語の先生にだけは見せてました」

彩図社では当時、編集部の見学ツアーというのをやっていた。

草下さんは高校2~3年の時期、年に2回編集部に足を運んだ。

「出版に興味は湧いたんですけど、編集者になろうとは思わなかったですね。作家にはなりたかったけど、具体的には何も考えてなかったです」

高校3年になって

「大学には行かない」

と宣言した。親も諦めていたのか、文句は言わなかった。

次ページもっと裏社会も見ておきたいと思った
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT