チャンス大城の何とも波乱万丈すぎる生き方

壮絶な経験をネタにお笑いへとたどり着いた

「正直、一昨年まではこのまま人生終わるんだなって思っていた」と話すチャンス大城さんが、きっかけをつかむまで送ってきた日々とは(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第50回。

チャンス大城さん(43)は、自身が経験してきた強烈なエピソードを披露して笑いを取る芸人である。

現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しているが、それ以前には長らく無所属の時代があった。芸人はフリーランス要素が強い職業だが、どこの事務所にも所属していない人は珍しい。

大城さんに、これまで歩んできた道のりを伺った。

「尼崎の中ではまだまし」と言われる場所で育つ

大城さんは1975年、兵庫県尼崎市に生まれた。

この連載の一覧はこちら

「当時の尼崎はかなりガラが悪い地域でした。でも僕が生まれた町は『尼崎の中ではまだまし』と言われる場所でした。それでも十分怖かったですけど(笑)」

父親はブラジャーの金型工場で働く職人だった。

「僕の芸風からか、すごい貧乏な家出身だと思われることが多いんですけど、実は中流家庭でした」

両親は熱心なクリスチャンで、毎週日曜日に教会に通っていた。大城さんも大城アントニウス文章という洗礼名を持っていた。

「ミサで侍者とかやっていましたね。ワインを持ったり、鈴を鳴らしたりしていました。教会では子どもたちに見せるための劇を、大人たちが演じていました。それには両親も出演していました」

母親は、マリアが馬小屋でイエスを産むシーンに登場した。

「母親はヤギの役でした。前に出たがる性格で、セリフをしゃべるマリア様の横で大声で『メー!!』って鳴いて注意されてました。

父親はガリガリにやせていてヒゲも生やしていたので、十字架にかけられたキリスト役を演じることになりました」

次ページイエスさまが絶命して天国に行く場面で…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。