40歳、「裏社会を本で伝える男」の非凡な人生

だからこそ僕は誰よりも友情を大事にする

草下さんの両親は、事件の顛末を教えてくれた。

先生の奥さんは当時、奔放な性格で遊び回っていたらしい。それがつらくて先生は不倫に及び、事件に至ってしまった。

先生の奥さんは

「自分にも原因があった」

と悩んで、離婚をしなかった。ずっと面会に通ったし、被害者に対し賠償金も払い続けた。そして出所してからも、一緒に暮らしているという。

“人と交流する”ことを心がけている

「その話を聞いてすごいさっぱりした気持ちになりました。事件の後にも、人生は続いてたんだなって。顛末を聞いた後には、先生の起こした事件は『自分が道を踏み外したときの免罪符』にはできなくなりました。

以来、犯罪をセンセーショナルなものとしてだけ書いて終わるのではなく、“人間”を掘っていきたいと思ってます。事件が終わっても人は生き続けますからね。取材するときもいつも“人と交流する”ことを心がけています」

取材対象者の中には刑務所に入ってしまう人も多い。そういう人にはなるべく手紙を書いたり、差し入れをしたりするようにしているという。四国の刑務所まで面会に行ったこともあった。忙しい日常の合間にそのようなことをするのは大変だ。

「確かに大変ですけど、ただただドライに金になる情報だけを取りに行ったら、相手もいい気持ちはしませんよね。

どんな取材対象者に対しても

“人として付き合う”

“友達として会う”

というのはとても大事なんですよ。どんなに怖い取材対象者でも一皮むけば、ただの人間ですからね」

草下さんは血も涙もないアンダーグラウンドの世界を取材しているからこそ、誰よりも友情を大事にし、自らは悪事をしないことを強く心がけていると感じた。

これからも、僕らが普通に生きていては目に映らない、“裏”の世界を取材し描いてほしいと思った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT