2019年は安易に株を買わないほうがいい

カリスマ投資家は2019年相場をどう見るか

【12月21日 金曜日】日経225先物は、60円高の2万0270円、NYダウは、464ドル安の2万2859ドル。

立会外分売で、ジュエリーのクロスフォー(7810)を309円で1000株買う。申し込み上限が1000株だったので1000株申し込んだのだが、通常はハズレるか、当たっても100株程度なのだが、全部買えてしまうとは、いかに地合いが悪いかということが感じられる。

鈴木を541円で100株買う。レンタカーと中古車輸出のトラスト(3347)を200円で1000株買う。今年の3月に保有株1000株を300円で売っているので、優待目的で買ってみた。ひふみ投信のレオス・キャピタルワークス(7330)が25日の上場を取りやめと発表。この相場環境では、賢明な判断だと思う。日経平均は、226円安の2万0166円と4日続落1年3カ月ぶりの安値となった。

日経平均1010円安!でも信用取引ゼロだから心は安定

【12月22日 土曜日】日経225先物は、260円安の1万9790円、NYダウは、414ドル安の2万2445ドル。1週間で6.9%安と10年ぶりの下落率。1ドル=111.31円、1ユーロ=126.44円。

【12月25日 火曜日】シカゴのCME日経が545円安の1万9250円、NYダウは、米政治の不透明で、653ドル安の2万1792ドル。1年3カ月ぶりの安値。12月権利付き最終売買日。日経平均は、1010円安の1万9155円と暴落。

15時15分、日経225先物は、1080円安の1万8970円と1万9000円割れ。こんな中、そろそろ年末なので、通帳記入をしておこうと銀行へ行くついでに、幸楽苑ホールディングス(7554)では、クリスマス特別企画で各店舗先着100人に、極上中華そば(税込421円)が10円というイベントをやっていた。

11時に行ったらお店の前で整理券(83番)を配っていたので、思わずもらって食べてしまった。株が暴落していてこんな心境ではないのだけれど、買いたい銘柄は注文を出しているし、約定すれば携帯に約定メールが届くので、張り付いている必要はない。信用取引をしていればこんな状況ではいられないが、現物株取引のみなので、夜もよく眠れるし、この「心の余裕」がうれしい。日産自動車を848.3円で100株買い、芝浦メカトロニクス(6590)を3150円で100株買い、優待目的で、年1回、12月末権利のきちりホールディングス(3082)を707円で200株買い、同じくユニカフェ(2597)を1000円で100株買う。

次ページ相場は実質2019年入り、株を結構買う
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT