平均年収「東京都ワースト500社」ランキング

300万円未満は2社、400万円未満は72社

東京都に本社を置く上場企業の平均年収が高くない500社を紹介します(写真:onairjiw / PIXTA)

東洋経済オンラインでは、東洋経済データベースを使い、2018年8月期までを対象にした最新の地域別平均年収ランキングを作成した。

全国トップ500社全国ワースト500社東京除く関東336社中部・北陸地方435社近畿2府4県598社東京都トップ500社のランキングに引き続き、今回は東京都に本社を置く上場企業1788社からワースト500社を紹介する。

300万円未満は2社、400万円未満は72社

ワースト1位はエヌリンクスで270万円。NHK放送受信料の契約業務代行を主軸としている会社で、2018年4月に上場したばかりだ。

社員の平均年齢が28.3歳と若く、売上高も順調に伸びており、成長真っただ中の会社といったところだろう。会社の発展とともに、社員への還元も期待したい。

本記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主、地域、大学、小売店などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」はこちら 。各種データのカスタマイズにも対応します

2位は家具・雑貨のインテリアショップ「unico」などを展開しているミサワで、297万円。

昨年度の平均年収から23万円のマイナスだが、業績赤字も解消の見込みとのことなので、次期に期待したい。

3位はサマンサタバサジャパンリミテッドで306万円。4位はバロックジャパンリミテッドで312万円と若い女性向けファッションブランドの会社が続けてランクインした。

最新の『会社四季報 2019年1集新春号』は現在発売中。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ランキングには1年前と比較した差額を併載している。年収には年齢が大きく影響するので、平均年齢もランキングに加えた。

また、持株会社体制の会社は、一般的に管理部門の従業員のみが所属することが多く、事業会社を含む会社に比べて年収が高くなりがちなので、持株会社制を導入している会社には目印として「純」をつけている。

各企業の平均年収と年齢は、2017年9月期から2018年8月期の有価証券報告書に記載されている単体の値を用いている。単体の従業員数が20人に満たない場合や、平均年収が開示されていない会社は対象外にしている。調査時点を合わせるため、本社所在地は、『会社四季報』2018年4集調査時点のものとした。

次ページまずは1~48位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT