平均年収「東京除く関東」336社ランキング

上場企業で1000万円を超えたのは3社

横浜・みなとみらいの夜景の様子。写真はイメージ(写真:まちゃー / PIXTA)

東洋経済オンラインでは、東洋経済データベースを使い、2018年8月期までを対象にした最新の地域別平均年収ランキングを作成した。全国トップ500社全国ワースト500社のランキングに引き続き、今回は東京を除く関東地方に本社がある企業の平均年収を紹介する。

平均年収1000万円を超えたのは3社

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県の6県に本社を置く上場企業は、合わせて336社あり、1000万円を超えたのは3社だった。

本記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主、地域、大学、小売店などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」はこちら 。各種データのカスタマイズにも対応します

ランキング1位は神奈川県横浜市に本社を置くレーザーテックで1112万円。

半導体用の検査・測定装置の設計、製造、販売が主力の会社で、海外への展開も積極的に行っている。昨年に引き続き、同ランキングで1位となった。

2位はオプトランで1104万円。2017年12月に上場した会社で、ランクインは今回が初めて。光学薄膜装置の製造と販売を行っている。光学薄膜装置とは、レンズなどの表面を加工することでさまざまな機能を持たせることができる装置で、カメラやスマートフォン、生体認証センサなどの製造に使用される。調査時点では埼玉県に本社と工場を置いていたが、現在は本社機能を東京に移している。

3位はバイオベンチャーのペプチドリームで1016万円。バイオや創薬に携わる企業は、薬が完成するまで研究開発費がかさみ赤字に苦しむことが多いが、ペプチドリームは特殊な技術と秀逸なビジネスモデルで毎期着実に利益を出している。

また、ランキング12位には神奈川県を代表する企業の日産自動車がランクインしている。カルロス・ゴーン元会長の逮捕で揺れる同社だが、従業員の平均年収は818万円だった。

最新の『会社四季報 2019年1集新春号』は現在発売中。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ランキングには1年前と比較した差額を併載している。年収には年齢が大きく影響するので、平均年齢もランキングに加えた。

また、持株会社体制の会社は、一般的に管理部門の従業員のみが所属することが多く、事業会社を含む会社に比べて年収が高くなりがちなので、持株会社制を導入している会社には目印として「純」をつけている。

各企業の平均年収と年齢は、2017年9月期から2018年8月期の有価証券報告書に記載されている単体の値を用いている。

単体の従業員数が20名に満たない場合や、平均年収が開示されていない会社は対象外にしている。調査時点を合わせるため、本社所在地は、『会社四季報』2018年4集調査時点のものとした。

次ページまずは1~50位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT