平均年収「中部・北陸地方」435社ランキング

1位は山梨県に本社があるファナック

名古屋の都心風景。写真はイメージ(写真:kazukiatuko / PIXTA)

東洋経済オンラインでは、東洋経済データベースを使い、2018年8月期までの決算を対象にした最新の地域別平均年収ランキングを配信している。

全国トップ500社全国ワースト500社東京除く関東336社のランキングに引き続き今回は中部・北陸地方(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)に本社を置く435社のランキングを紹介する。

本記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主、地域、大学、小売店などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」はこちら 。各種データのカスタマイズにも対応します

ランキングには、1年前と比較した差額を併載している。また年収には年齢が大きく影響するので、平均年齢もランキングに加えている。

持株会社体制の会社も多いが、一般に管理部門の従業員のみが所属することが多く、事業会社の従業員を含む会社に比べて平均年収が高くなる。

持株会社制を導入している会社には「純」をつけ区別できるようにしている。

各企業の平均年収と年齢は、2017年9月期から2018年8月期の有価証券報告書に記載した単体の値を用いた。単体の従業員数が20人に満たない場合や、平均年収が有価証券報告書に開示されていない会社は対象外にしている。調査時点を合わせるため、本社所在地は、『会社四季報』2018年4集調査時点のものとした。

ファナックが連続首位

ランキング1位は山梨県の忍野村に本社があるファナックで平均年収は1347万円。工作機械用装置の製造で世界首位の企業。年収ランキングでも常連で、単体の従業員数3495人を抱えながらも高水準を維持する。前年に比べて従業員数は249人増、平均年齢も1歳ほど下がる中で29万円の増加を実現した。

最新の『会社四季報 2019年1集新春号』は現在発売中。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

2位は中部日本放送で1225万円。東海地域がエリアのCBCテレビなどを傘下に持つ持株会社。平日の午後に放送している人気情報番組の「ゴゴスマ」はCBCテレビの制作。当初は東海エリアのみの放送だったが、TBS系列で全国的に放送されるようになった。東京にも優良不動産を持つなど、賃貸ビル収入も着実な収入源としている。

3位にはトヨタ系の総合商社の豊田通商が入った。昨年に比べて54万円増加の1051万円となり、平均年収は1000万円を超えた。トヨタ自動車関連の事業が大きいが、この他では、セグメント情報でアフリカ事業を一つのセグメントとして捉えており、総合商社の中でもアフリカ市場を重要視していることに特徴がある。

自動車産業の集積が進む中部・北陸地方では、製造業の上場企業が多い。

平均年収にもその傾向が反映されていて、1つの事業に専念する事業会社が多いのが特徴といえる。東京都内に本社を置く企業では1788社のうち198社(約11%)が持株会社制を採用するのに対し、中部・北陸地方では435社のうち20社(約4.5%)の導入にとどまる。したがって、ランキングの年収は、実態の金額に近い企業が多いことが推察される。

次ページまずは1~50位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。