FRB議長解任騒動でも、もはや上昇相場はない

市場の本音とリスクオフ相場の行方

パウエル議長を解任したところで相場は戻らない(写真:REUTERS/Yuri Gripas)

万が一、本当にパウエル議長が解任された場合の相場の反応をどう見るべきか。

観念的には「中央銀行の独立性の毀損をどう考えるか」という大きな話になるが、そもそも「ディスインフレ下の経済情勢で中央銀行に独立性が必要なのか」という問題意識は米国にかぎらず、日米欧3極の中央銀行が共通して直面しているものだ。もちろんルールはルールとして明文を修正する必要があるにせよ、それほど大きな問題ではないと評する論者もいるだろう。

世界の景気は減速、ドル安円高へ

現実的には「低金利志向の強いハト派議長の誕生」以外にありえない。その結果、金融市場の動きは、金利低下・ドル安・円高のイベントと処理される公算が大きいだろう。「FRBの強制的なハト派化」は「株価の復調」につながるという展開から、ドル円相場の底割れがなくなる、つまり、ドル高円安要因になるという可能性は確かにある。だが、累次にわたって行われた利上げの効果は今さら、かき消しようもなく、本件の行方にかかわらずドル円相場はドル安円高に向かうリスクが大きいというのが筆者の基本認識だ。

また、「FRBの強制的なハト派化」が「株価の復調」につながるという展開は文字どおり、トランプ・プットを当て込んだ値動きであり、永続性を期待できない。あまりにも場当たり的なロジックだろう。今回の一件は大きなノイズには違いないが、結局は利上げの真価が発揮されることで、アメリカ内・外の景気は減速していくという2019年の経済についての基本認識を揺るがすような話ではないと筆者は考えている。

※本記事は個人的見解であり、所属組織とは無関係です

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT