退職に関するサービスはまだまだ発展途上だ

「退職代行サービス」を始めてわかったこと

退職することを直接伝えにくいことから、退職代行サービスが登場しています(写真:EKAKI / PIXTA)

11月21日配信の記事「『退職代行サービス』が続々生まれる深刻理由」で退職代行サービスに関して書いた。大きな反響を得たが、最近は退職代行サービスがメディアに取り上げられることが増えているように思う。

12月の頭にも、TBSの「サンデー・ジャポン」での、ゆきぽよ発言が、ネットで炎上していたことも記憶に新しい。また、11月28日にはNHKの「クローズアップ現代+」が退職代行を取り上げ、最初にサービスを立ち上げたEXITを取材していた。

乱立する退職代行サービス

退職代行サービスがかなり乱立してきた様相にある。そこで各サービスの対応範囲や特徴をまとめてみた。

次ページサービスの大きな違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT