アジアで12月が「パリピ」だらけになる理由

お金持ちをその気にさせるパーティーの正体

シンガポールではこうしたパーティーが特に多いのが12月です。連日連夜パーティーが行われ、1日に2つも3つもハシゴをする人も多いようです。また、イベントは通常1人もしくは複数人と一緒に参加できるので、パリピとつながっていれば、富裕層でなくても参加可能です。無料で参加ができるイベントが多いので、ほとんどがタダメシです。

残念ながら筆者は体力がないため、数回でダウンしてしまいました。また、パーティーによっては「ハラル食」(イスラム教の戒律で食べてもよいもの)のみでお酒は一切出ないなど、自分にとって合わない人もいるでしょう。肌を露出してはいけない場合もあります。

パリピの多くは、高度経済成長期に不動産などで資産を形成した「あがり」の人たちです。つまり、不動産収入や配当収入があるので、働く必要がないのです。持て余した時間でパーティーに参加して社交するのが、仕事のようになっている人たちも多くいるといいます。一般的に言って、昼間に仕事のある人は、連夜パーティーに明け暮れることは難しいのです。

豪華なパーティーだがカジュアルでハードルも低い

『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

シンガポールは人口の少なさや狭い国土の割に、こうしたパーティーが開催される頻度が高いようです。米朝首脳会談など、国の要人が宿泊することが多いシャングリラ・ホテルなどは、こうしたイベントでよく使われるホテルの1つです。

パーティーに欠かせない華やかなドレスもあちこちのモールで安く売られています。装いは男性の場合、ビジネススーツ、女性の場合も膝上のワンピースと、無理のない衣装で参加する人も多く、ハードルが低いのです。

バブル時代には日本でも、たくさん企業主催のパーティーが開催されました。しかしその数は減少しています。アジアだと、現在、世界中からお金が集まるシンガポールや香港のほうが、こうしたパーティーが盛んなようです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT