全米が戦慄したセレブ女性の何とも奇怪な死

謎すぎるメッセージ、7年後に判明した真相

7年前、謎の死を遂げたレベッカ・ザハウさん(写真:フジテレビ)

「私たちは妹が殺されたことを証明するために闘わなければなりませんでした。あの一族にとっては自殺のほうが都合良かったのかもしれません……」

2018年4月、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴ郡裁判所で裁判に勝訴した1人の女性が、目に涙を浮かべていた。

遺体の両手両足は真っ赤なロープでくくられていた(写真:フジテレビ)

今から7年前、サンディエゴ郊外の高級住宅街でアメリカ犯罪史上まれに見る奇妙な遺体が発見された。豪邸の中庭に横たわった女性の全裸遺体、両手両足は真っ赤なロープで縛られ、首も窒息死の原因となった赤いロープでくくられていた。被害者の名はレベッカ・ザハウ、豪邸の持ち主である大手製薬会社社長の恋人だった。

セレブ一家に起きた相次ぐ不審死、呪われた豪邸から全米メディアが連日、猟奇殺人事件の可能性を生中継で報じた。しかし、地元保安官の判断はなぜか自殺、そして捜査は終了した。   

死亡したレベッカの姉・メアリーを単独取材

この結果に納得できなかったのが、被害女性の姉メアリー・ザハウ。謎の死を遂げた妹の無念を晴らすために独自に調査を続けて、愛する妹を殺害したと思われる疑惑の人物を7年かけて突き止めた。フジテレビ「世界法廷ミステリー10~死者からのメッセージ~」(10月27日(土)夜9時から放送)取材班は、日本のメディアで初めて彼女の単独インタビューに成功、華麗なる一族が抱えていた闇と謎に満ちた事件の真相に迫った。

メアリーとレベッカの姉妹はミャンマーからの移民だった。故郷での貧しい生活から抜け出すために家族と共にアメリカに移住、レベッカは病院で働き始めた。そこで彼女は運命の出会いを果たす。患者として通院していたジョナ・シャクナイ。大手製薬会社の社長で、前妻と離婚後、6歳の息子マックスと暮らしていた。

ジョナと交際を始めたレベッカは、彼の自宅で息子と3人で暮らすようになり、結婚に向けての準備も進めていたという。貧しい移民からのシンデレラストーリー、しかし姉のメアリーは言い知れない不安を感じていた。「彼はお金持ちすぎてお似合いには思えない、うまく行くわけがない……」

その日の朝、ジョナの弟で船乗りのアダム・シャクナイは、20世紀初頭に建てられた27部屋もある由緒ある邸宅の中庭で、戦慄の光景を目にしたという。兄の恋人レベッカが、彼女の寝室のバルコニーから全裸で首を吊っていた。赤いロープで両手を後ろ手に、両足も縛られていた。ベッドの脚から窓を越えて首にかけられたロープをナイフで切って彼女を庭におろし、必死に心臓マッサージをした。その時の様子は警察への通報音声に残されている。

そして駆けつけた保安官たちは寝室で、キッチンナイフやペンキのついた筆と共に、部屋の扉に不可解なメッセージを目にした。

「彼女は彼を救った。あなたは彼女を救えるか」

次ページ彼女は彼を救った。あなたは彼女を救えるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。