全米が戦慄したセレブ女性の何とも奇怪な死

謎すぎるメッセージ、7年後に判明した真相

2018年2月、法廷の被告席に座るその人物を前に、グリーア弁護士はこう問いかけた。

「本当に重要な証拠は、発見されたDNAではなく、『何が発見されなかったか』ということです。すべての証拠に第三者の指紋がなかったんです。」

つまり本来、自殺のロープをナイフで断ち切り、彼女に心臓マッサージを行った人物の指紋が現場に残っていないとおかしいのだ。そう、あるべき証拠を消したと思われる男、アダムがレベッカを殺した人物として法廷で追及された。さらに、遺体の結び方は船乗り特有の縛り方だと判明、謎のメッセージもアダムの筆跡と酷似していると弁護士は主張した。

それではレベッカを殺害する動機はなんだったのか? 実は現場に残された謎のメッセージにアダムの犯行動機が隠されているという。

「彼女は彼を救った。あなたは彼女を救えるか」

この「彼女」とは、レベッカ。そしてレベッカが救った「彼」は、転落直後に救命措置を施して一命をとりとめた息子マックスのこと。それでは「あなた」は誰を指すのか。

アダムはレベッカに好意を持っていた

アダムは、法廷でレベッカに好意を持っていたと証言した。彼女の遺体からは性的暴行の痕跡も発見された。55歳で独身、収入が安定しない船乗りだったアダムは、幼い頃から優秀で大企業の社長となり豪邸に住む兄のジョナに嫉妬し続けていたという。

今回の事件で疑われた人物たち。左からアダムス、ジョナ、ジョナの前妻。フジテレビ「世界法廷ミステリー10~死者からのメッセージ~」は10月27日(土)夜9時から放送です(写真:フジテレビ)

「あなた」とは兄ジョナのこと、つまりこのメッセージは「兄貴、お前はレベッカを救えるか」と挑発する目的があったというのだ。レベッカに対する想い、兄に対する複雑なコンプレックスが沸点に達し、アダムは彼女を殺害したと弁護士は主張した。

1カ月半に及ぶ民事裁判の末、陪審員はアダムにレベッカの死に責任があると認め、賠償金500万ドル(約5億6000万円)の支払いを求めた。

ジョナは事件後、製薬会社を売却し26億ドル(約2900億円)を手にし、裁判でも彼女の自殺を主張して弟アダムを支え続けた。そして、裁判終了後も今に至るまで沈黙を続けている。

評決から半年、警察は関係者から事情を聴き始めている。姉メアリーの闘いは刑事事件で真犯人が裁きを受けるまで続いていく。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT