ぐっちーさん「日本だけに投資する人の末路」

いよいよ日経平均は2万円割れが確定的だ

みんなが「あの人きれいだな〜」、「あれ、いい男だよね〜」、と言えば値が上がりますが、その理由は明確ではありません。1つにはみんながそういっているから、という「同調圧力的」なものが作用しますので、同調圧力が日常茶飯事に起きる日本では特にそういう傾向にあります。

投資は1時間でするものではない

ということで、「美人は自分にとっての美人であればだれに言われようが文句あるか!!」というぐっちーにしてみると上場株式投資というのはほとんど魅力がありません。

私が特に日本株に否定的だったもので、2018年も東洋経済オンラインでは「ばーか、上がってるじゃないか」、と随分たたかれました。言っときますけど、投資というのは1時間でするものではありません。そういう人はパチンコをやっているのと同じなので、最初から私のアドバイスの対象になっていないんです。5年、10年たって、あー、貯金しているより株式投資をしていた方が良かったな……と思えるものが本当の株式投資でありまして、それ以上でもそれ以下でもありません。その辺り誤解のないようにお願い致します。

例えば……ほんの1例をお出ししますが……

アメリカにJ&J(ジョンソン・アンド・ジョンソン)という会社があります。超優良会社で、バンドエイド、コンタクトレンズなどで圧倒的なシェアを持っております。J&Jの株価は年初140ドル程度だったのですが、12月21日現在でみると130ドルあたりまで落ちています。下落率にして7%程度のものですが、配当がありますので、配当利回りは約2.8%となっています(リーマンショックの2008年には50ドルを切っていたとは信じがたい・・・)。

日本にもユニ・チャームというほぼ同業の優良会社がありますが、こちらは年初3100円程度のものが今でも3500円を保っている。これは凄いことだと思うんですが、残念ながら配当利回りは約0.7%しかありません。さて、みなさん、どちらに投資をしますか? と言う話ですね。答えは明らかだと思うんですが、もう一つ。

皆さんの資産をもう一度よく見まわして点検して欲しいんです。日本で生まれ、日本で教育を受け、日本語しかしゃべらず、日本の会社に勤めて給料も日本円でもらい、当然保険も日本円で日本の保険会社と契約し、年金も、健康保険もすべて日本という国に依存している。さらにお子様も日本の学校に入れて、日本で教育をしている。

次ページもしも、日本で何かあったら?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。