「待機児童」が地方より東京に集まる根本原因

データで読み解く「女性の社会進出」の歴史

ここまでの事実をまとめると、

東京都
・戦前は20%だった就業率が、戦後は60%前後まで上がっている
・M字カーブが大きい 

山形県
・戦前から戦後にかけて一貫して就業率が高い
・M字カーブがない

という特徴が浮かびあがってきます。東京都の特徴は、いわゆる高度経済成長期の専業主婦型社会の特徴であり、それが山形県には普及しなかったことがわかります。つまり専業主婦型社会は都市限定の現象で、地方では農業をしていた女性がそのまま第二次産業などにスライドしたため、都市部で始まった専業主婦型社会は地方に到達していなかったのです。

それを端的に表しているのが、昨今なにかと話題の待機児童数でしょう。

[図表13]2017年の待機児童数(出典:厚生労働省:保育所等関連状況取りまとめをもとに筆者作成)

この表でわかるように、待機児童は都市部に多く地方で少なくなっています。戦前から一貫して女性が働く社会であった地方では、保育需要の増減が少ないため待機児童が生まれにくいのです。他方、女性が家庭を守る社会から、女性が働く社会に急速に変化している都市部では、急増する需要に供給が追いつかないため、待機児童が生まれているようです。

冒頭で述べたような、女性の社会進出に伴う問題を多く抱えている都市部は、共働き社会の「先輩」である地方に学ぶことで、問題を解決することができるかもしれません。

(編集協力:株式会社バーネット)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT