「GAFAやめました」若者が離れ始めた根本理由

現地取材!歪められた「アメリカンドリーム」

スタートアップ企業の多い、アメリカ西海岸サンフランシスコ。

ここで話を聞いたのが、スペンサー・シューレムさん(23歳)。19歳でアプリビジネスを立ち上げ、いま、彼の開発した生活管理アプリ「WeDo」は世界800の学校で使われているという。彼が言うGAFAの問題点も、その「土俵」と「データ」だ。

インタビューに答えるスペンサー・シューレムさん(写真:NHK)

GAFAが大きくなりすぎたことが経済の成長を阻害しているのでは?との問いにはこう答えた。

「その質問に答えることは難しいです。僕たちはいま、将来競争する相手と同じ生態系にいます。だから、今は、僕たちに餌を与えてくれる相手の手にかみつくことはできません」

先述のダニエルと同様、彼も好青年だ。

「すばらしいプラットフォームを利用できることで、僕のアプリは成長できるのです。ただ、ルールを決めるのはたった1つの企業だったりします。僕たちにはそういうルールに疑問を持ったり、不公正な状況に直面した際に声を上げたくても、そもそも訴える場所さえありません。今のIT巨人の問題は、富の一極集中ではなく、彼らの集めたデータにどれだけアクセスできるか、できないのか、それが問題なのです」

あえて、50歳のオッサンがこんなふうに聞いてみた。

「アメリカンドリームという言葉は、君にとってどういうこと? 億万長者になること?」

「いい質問ですね(笑)。アメリカンドリームには「自由」という根っこがあると思います。選択の自由、起業の自由。こうした自由が、アメリカに移民が集まる理由です。そして、特に僕たちの世代は、“本当に自分がやりたいことの自由があるか“”自分には選択肢があるか“ということをつねに考えています。自分が生まれ育った中で考えるアメリカンドリームとは、こういうことなのです」

ダニエルの言った、「要は『選択』するかどうか、です」の言葉が頭に浮かんだ。

GAFAにはどのような「規制」が必要か

データの問題も含め、ギャロウェイ氏は、「GAFA」への規制に話を移した。

「問題は、社会として、ますます少数の企業が、経済や特権のより多くの部分をコントロールすることに対して、われわれが安心していられるかどうかだ。

私は、GAFAをより小規模な企業に分割した場合のほうが、より多くのイノベーションが生まれ、多くの株主の価値が上がり、多くの買収・合併が生まれ、ベンチャーキャピタルの支援を受ける企業が増え、雇用が拡大し、税収も上がると思う。

一方でアメリカにとって、GAFAは世界の他の国々から富を運んでくるすばらしい船だ。アメリカは彼らから利益を得ている。だからこそ、規制ということになれば、アメリカ以外の国が具体的な行動に出ると思う」

次ページ「GAFAが壊したアメリカンドリームを取り戻そう」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。