羽生結弦とザギトワが世界一に君臨する秘密

フィギュア界を激変させたのは、あの「目」だ

「フィギュアスケート史上でこんな選手はいなかった。目から演技ができている数少ない選手だ。彼が歴史上生み出したのは、驚異的な集中力で演目の時に目と人格を変える、曲に憑依する能力だ。この能力において彼は圧倒的だ」(振付師)

羽生結弦の「目」はフィギュアスケート界を変えた。「教えてもらう前と後【羽生結弦とザギトワ最強の秘密★冬たまご驚きの健康パワー】」は12月11日(火)よる7時からTBSテレビ系で放送です(制作:毎日放送=MBS、写真:毎日放送)

フィギュアスケート強国のロシアでも、トップ選手には、目で演技することを求めているのだ。

今年2月、平昌オリンピックの女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したのはアリーナ・ザギトワ。拠点をロシアの首都・モスクワに置き、エリートたちを育成する極秘施設「サンボ70(セブンティー)」でトップスケーターらとしのぎを削っている。

「サンボ70」とは、かつてロシアの格闘技サンボを強化するために国が作った施設。柔道、陸上、水泳などでロシアの天才アスリートを生み出すため、超エリートだけが通うことを許された養成学校だ。平昌オリンピック銀メダリストのメドベージェワ、今年ジュニアグランプリシリーズの大会で女子選手では史上初となる4回転ルッツに成功したトルソワなど、多くのトップ選手が輩出されている。

陸上でも軽々3回転

ザギトワを訪れたこの日は、グランプリシリーズのフィンランド大会で優勝した直後だった。一般的には休息をとり、コンディションを整えるところだが、ザギトワは帰国してすぐに、当然のように練習を再開した。

最初のジョギングこそリラックスした笑顔を見せていたが、バレエレッスンが始まると空気は一変した。

取材陣を驚かせたのは、地上でくるくる回る華麗な跳躍。陸上で2回転半以上を行うのは世界のトップフィギュアスケーターでも至難の業だが、ザギトワは軽々と陸上で3回転を成功させ、他の選手もルーティンのように軽々こなしていく。こうしたトレーニングが2時間以上続いたが、これはあくまで準備運動の段階だ。

氷上練習に移ると、選手たちは恐れずにジャンプを繰り返す。本番さながらに挑み、技の成功率をあげているのだという。フィギュアスケートの1曲分の体の負荷は、長距離走を全力ダッシュするのと同じだというが、ザギトワは10曲分ほど続けていた。

次ページ「何度やってもお前はダメだな!」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。