羽生結弦とザギトワが世界一に君臨する秘密

フィギュア界を激変させたのは、あの「目」だ

紀平といえば、今年、初出場したグランプリシリーズで、トリプルアクセルを成功させるなど見事な演技を見せ大注目を浴びている選手。彼女には、フィギュアスケーターの姉がいる。

8月の国内大会で12歳ながらトリプルアクセルを成功させた吉田にも、姉がいる。

10月の選手権で、5種類もの3回転ジャンプを飛び、2位に大差をつけて優勝した本田においては、エリートスケート兄妹の“末っ子”だ。長男の太一(たいち)と姉の真凛(まりん)は国際大会で活躍するトップスケーター。そして3歳上の姉、望結(みゆ)は、女優、タレントとして活躍しながらも、全日本ジュニア選手権に出場するほどの実力派スケーターだ。

「いちばん下の末っ子なので、お兄ちゃんとかお姉ちゃんのうまいところを見習ったり、頑張っている姿を見て自分も頑張ろうって思う。ジャンプはお兄ちゃんだと4回転とかトリプルアクセルを飛べるので、教えてもらったりとかしていて」(紗来)

幼い頃から兄や姉の演技を目にする利点

妹の利点は兄や姉の演技を、目の前で見て幼い頃からコツをつかみ、早い段階で高度な技を習得できることだ。

いずれも「妹」たちが日本のフィギュアスケート界の未来を担う。「教えてもらう前と後【羽生結弦とザギトワ最強の秘密★冬たまご驚きの健康パワー】」は12月11日(火)よる7時からTBSテレビ系で放送です(制作:毎日放送=MBS、写真:毎日放送)

フィギュアを始める時期も早くなり、きょうだいと同じレベルの練習を行う。結果、自然と能力が高まり、強い選手へと成長していく。

大会の度に、新たな成長を見せてくれる日本の妹世代。2022年の北京冬季オリンピックまでにどれほど成長を見せてくれるのか、世界中のフィギュアファンが熱い視線を送っている。

(敬称略、構成:両角晴香/ライター)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。