建設業界の現状は「ウハウハ」ではない

大成建設社長が語る「ゼネコン活況」の現実

建設業は組み立て産業だ。自動車と同じで、資材と労務をいかにジャストインタイムで調達して、現場に送り届けることができるか。それが勝負どころとなる。

再びイノベーションを起こす

やまうち・たかし●1946年生まれ。東京大学卒業後、大成建設入社。専務建築本部長などを経て2007年から現職

――発注はまだ先で楽観はしていないとのことですが、東京五輪関連ではスーパーゼネコンの活躍余地は大きいのでは?

前回の東京五輪の時はやはり労務がタイトで、工期に間に合わないのではないかと言われたが、さまざまな技術革新、イノベーションで乗り切った。東京五輪に間に合わせるために、ホテルニューオータニは突貫工事で進めた。ホテル建設そのものも時間がなく、難しい工事だったが、もう一つ印象的なことはユニットバスだ。

今はどこのマンションでも当たり前に使っているユニットバスは、実はわれわれがその時に初めて採用した。それまでは全部現場でタイルを張って、バスタブを据えて、一つ一つ作っていたが、その時は工場で製造したバスユニットを据え付けて、浴室工事を行った。TOTOとの共同事業だったが、これが世界で初めてのバスユニットだった。

さまざまなイノベーションで東京五輪に一連の工事を間に合わせた。あの時のようなイノベーションを起こしてくれと、今、ネジを巻いているところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。