建設業界の現状は「ウハウハ」ではない

大成建設社長が語る「ゼネコン活況」の現実

建設業は組み立て産業だ。自動車と同じで、資材と労務をいかにジャストインタイムで調達して、現場に送り届けることができるか。それが勝負どころとなる。

再びイノベーションを起こす

やまうち・たかし●1946年生まれ。東京大学卒業後、大成建設入社。専務建築本部長などを経て2007年から現職

――発注はまだ先で楽観はしていないとのことですが、東京五輪関連ではスーパーゼネコンの活躍余地は大きいのでは?

前回の東京五輪の時はやはり労務がタイトで、工期に間に合わないのではないかと言われたが、さまざまな技術革新、イノベーションで乗り切った。東京五輪に間に合わせるために、ホテルニューオータニは突貫工事で進めた。ホテル建設そのものも時間がなく、難しい工事だったが、もう一つ印象的なことはユニットバスだ。

今はどこのマンションでも当たり前に使っているユニットバスは、実はわれわれがその時に初めて採用した。それまでは全部現場でタイルを張って、バスタブを据えて、一つ一つ作っていたが、その時は工場で製造したバスユニットを据え付けて、浴室工事を行った。TOTOとの共同事業だったが、これが世界で初めてのバスユニットだった。

さまざまなイノベーションで東京五輪に一連の工事を間に合わせた。あの時のようなイノベーションを起こしてくれと、今、ネジを巻いているところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。