30歳、転職より起業選んだ彼女とお金の現実

「32歳でポルシェに乗る」夢を追いかける

「会社員よりも今のほうが圧倒的に楽しい」と彼女は語る(筆者撮影)
会社員一本、あるいは副業をしている人、結婚して家庭に入った人、夫婦共働きの人、事業を起こした人、フリーランスで活動している人など、人によってその働き方はさまざまだ。
一般的に30歳は節目の年と言われている。今の30歳は1987年、1988年生まれ。昭和生まれ最後の世代でもある。物心がついたときにはバブルが崩壊し、その後は長い不況にさらされる。就職活動を始める時期にはリーマンショックが起こり、なかなか内定が出ない人も多かった。また、「ゆとり世代」の走りでもある。
景気の良い時代を知らない現在の30歳は、お金に関してどんな価値観を抱いているのか。大成功をした著名な人ばかり注目されがちだが、等身大の人にこそ共感が集まる時代でもある。30歳とお金の向き合い方について洗い出す連載、第6回。

いじめられても、いじめっこの行く末なんて知れてる

「フリーランスという手もあったけど、なめられたくないなと思って法人にしました」

こう語るのはPR会社を設立して1カ月の友美さん(30歳、仮名)。ゆったりと巻いた茶髪の彼女は、バリキャリ女性の香りをムンムン放っている。友美さんは東北地方の片田舎出身。父親は大手企業のサラリーマン、母親は医療関係のパートをしており、妹と今は亡くなったが祖母と暮らしていた。

この連載一覧はこちら

「よく家族旅行に行っていたし、余裕がない家ではなかったとは思います。でも、なんでもかんでも買ってもらえるわけではなく、『テストで3番以内に入ったらゲーム買ってあげるよ』とか、ピアノや書道などの習い事もしていたので『地元の書道展で1等になったら買ってあげるよ』とか、モノにつられて勉強を頑張っていました。だから、成績はつねに上位でした」

両親のことをとても尊敬しているという友美さん。食事マナーや立ち振る舞いのしつけも厳しく、箸の持ち方がおかしかったり、電車内で大股を開いて座っている人を見かけたりすると違和感を抱く。

次ページ中学生のときに先輩に目をつけられてしまったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。